英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

カテゴリ:La Flambée( 3 )


 私の働いている レストランの昨夜のスペシャルメニュ-
 同僚たちに 暇がある時 写真撮ってとお願いしたら こんなメニュ-が完成していました

 一名様限定 本人に確認していませんが それも若い独身の女性限定です

  
d0258462_1714321.jpg


 かなり面食いの26歳料理長は ノルマンディ地方の出身
 1年前からシャモニ-に来たそうです
 と勝手に宣伝しておいて 彼女いるのか確認していません
 私は このスペシャルメニュ-食す気はないので 誰か興味のある方 いませんか?
 この間 日本で 男性の××食べた方たち いったいどうなったのでしょう?
 周囲の人に言ったら 私が包丁持つたびに 周囲引いていきます・・・

 私は食べる気も料理する気もないけど・・・・
 
 豚肉や牛肉は 日本産とはまるで味も違います
 霜降りの好きな私たちに対し 欧米人は脂身嫌いです
 だから焼肉でも きちんと焼かないといけない豚肉は 硬くなってしまい・・・・・日本産が恋しいよ-・・・・
 人間でも フランスと日本 味が違うのかしら?絶対に試したくないけど・・・・・


  この後は 普通のメニュ- 
  しかし フランス人 写真の撮り方 下手すぎ・・・・

  
d0258462_1743321.jpg


  
d0258462_1745885.jpg


  
d0258462_1710713.jpg


 
d0258462_1710444.jpg


  
d0258462_1711758.jpg


  シャモニ-駅から 徒歩1分の レストラン La Flambée
良かったら 食べにきてください

  
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-12 17:12 | La Flambée

  シャモニ-中心街の駅から 徒歩1分の 今年の夏の私の職場の同僚たち

  
d0258462_1155542.jpg



  もう二人かけていますが こちらのメンバ-で 皆様をお迎えします

  今日は お昼も かなり寂しい客足でした
  皆さん 山に登っているから 仕方ありませんが・・・・

  一番右端の お花に埋もれているのが 料理長
  会計までしてしまう 凄腕

  もし良かったら 食べに来てください

 
d0258462_1185826.jpg


 
d0258462_119384.jpg

[PR]
by minuminukanon | 2012-07-04 01:20 | La Flambée
  
d0258462_16333182.jpg


   シャモニ-中心街の 鉄道駅

   駅を出て 進行方向に右に行けば 同じ建物内に 無料で使えるトイレがある
   
  
d0258462_16345233.jpg


   反対側は SAT社のバスなどの乗り場
   たまに 鉄道自体 工事中で代替でバスが出ているが その場合も こちらで乗車する

   このSAT社 かなり便利で イタリアは ミラノ トリノ アオスタ ク-ルマイヨ-ルまでいける
   スイスのジョネ-ブ空港までも行けるから 荷物が重たい人には 鉄道よりも大変便利
   しかし ジョネ-ブにいく場合は 相乗りのミニタクシ-が一番安い
   予約制で英語 またはフランス語が通じる

   駅の向かい側のレストラン2軒は いつも大賑わい
   進行方向に向かい左側は ホテル併設のレストランで 北欧系の美男美女の利用が多い
   ホテル自体は 作りがシンプルで シャワ-のみ

   そのレストランを過ぎ 中心街に向けて 少し歩くと レストラン手前に小さなテラス席 ラベンダ-の
 大きな鉢植えがあるのが レストラン La Flambée

  
d0258462_16321573.jpg



   こちらが とても優しいオ-ナ-夫妻

   去年は 離れた町のホテルで 何でも請負人?として 働いた私
   同僚の休みにあわせて 職種を変えたり オ-ナ-が忙しい時は お客様の相手をしたりと便利屋
   お客様と話すことで 英語もフランス語も イタリア語やスペイン語まで上達するから 楽しい
   それに 土日 娘を預けるところがないのを 同伴で認めてくれるところはあまりない
   だけど 夜仕事が終わると 電車もバスもないので 娘を泊りがけの臨海学校に送り込み 自分は
最後まで働いて 自転車や1時間歩いて帰宅

   長く働いて欲しいという誘いを断り 娘がフィギュアスケ-トの特別合宿に参加できるようにと スケ-ト場に近い場所を捜し歩いた

   でも 土日仕事がないところなんて 見当たらず 娘同伴も認めてもらえるはずがない
   そんな中で 一番条件が良かった 山頂のホテルに決定
   他の誘いを全て断り 本来なら29日から働くはずだった

   それが 土壇場になって 先方からキャンセルの電話
   冬 一緒に働いた同僚が 責任者に 私の悪口を言いまくったため
   冗談じゃない
   私は 同僚の中で一番まじめに働き 彼女は同僚の中で 一番不真面目だった
   ただでさえ 人数が不足しているのに 2日酔いで出勤し 朝は 忙しい調理場で 座り込み 調理人の
手を止めてしまう
   午後 サ-ビスが始まると 具合が悪いと言って 途中で帰ってしまうこともしばしば
   しかも 今夜の飲み会の約束は ちゃっかり取り付けて・・・・・

   彼女の素性を知っている私とは 働きたくなかった彼女のおかげで 今までの苦労 全て台無しに
   サ-ビスのお仕事をしているのに 自分のことしか考えられない自己中心な彼女
   その内 同僚たちを飲みに誘って また二日酔いで 出勤するんだろうな-
   もう テスト期間過ぎたから 上司がやめてと言っても 本人が納得しなければ 契約期間終了まで
 働くことは可能だし・・・・

   毎晩吐きまくって 朝は もう殆ど残っていない仕事の中から 自分に合いそうなものを選んで 
 志望動機書を書き 履歴書と一緒に持っていった
   しかし 全てタッチの差で 他の人のものに・・・・

   ようやく 決まった仕事先がここ
   しかも オ-ナ-夫妻 4人のお子さんがいるそうで 子連れの苦労を理解し 娘同伴を認めてくれた
   ここからなら 無料で乗れるミニバスも 道を横断しないでいいから 娘がフィギュアスケ-トの特別合宿に参加可能

   しかし レストランは夜が忙しい
   初日は土曜日
   普段8時半には寝る習慣の娘
   10時くらいまでで 残ったら 翌日しますと認めてもらったが 結局山のような人に 一度やりだしたら
 途中でやめられない私
   結局 仕事が終わったのが24時
   その間 娘は 目を真っ赤にしながら 大人しく用意された椅子に座って 本を読んでいた
   何時間も お行儀よく7歳の子が待っていられるのに 皆凄く感心してくれた
   家の中では 10秒とも じっとしていないけど・・・・

   本来なら 他にも働きたい希望者がいて 子連れの私が 他の人より仕事をもらえる可能性は少ない
   しかし 2日目にして 「あなたに働いてもらいたいから 都合の悪い日を教えて その日は他の人を探すから」と言ってくださったオ-ナ-夫妻の暖かさ

   
   しかも このレストラン

   かなりメニュ-が豊富で サヴォワ地方の特産料理 ラクレットやチ-ズフォンデュ エスカロ-プサヴォヤ-ドなどをはじめ 自家製ハンバ-ガ- ピザ カレ-(こちらは日本風ではなく カレ-風味のお魚や鶏肉など)パスタに 本日の定食 さらには フォアグラを使ったフレンチの王道料理など

   これなら グル-プで 好みが分かれても 喧嘩にはならない
   中にはキッコ-マンの醤油を使ったお料理もあります

   ピザは 料理長が生地から作っています
   テイクアウトも可能なピザ

   今 急ピッチで メニュ-の日本語訳をしていますが かなり種類が豊富なので 来週末くらいにできるかしら?

   もし 来て頂いたお客様で メニュ-が分からなければ 同僚に 日本人スタッフを呼んで または 日本人とでも言ってくだされば 私が呼ばれると思います

   そして このレストランの もうひとつの楽しみが こちら・・・・・

  
d0258462_17111590.jpg
 

  
d0258462_17113656.jpg


   
d0258462_1712179.jpg


  
d0258462_1713305.jpg


  
d0258462_17141635.jpg


  
d0258462_1715982.jpg


  
d0258462_17153797.jpg


  
d0258462_1716720.jpg


  
d0258462_17163546.jpg


  そう ビンテ-ジ物大好きな私をうならせる 数々の装飾

  昔の登山者やスキ-客の 歴史を紐解くような 博物館的な装飾も 楽しんでいただけると思います

  おととい まかないで 頂いた とろけるチョコレ-トケ-キ 美味しくて 残っていたのを じっとよだれ
たらしてみていたら 同僚が食べていいよと口に入れてくれました

  お客様にお出しする前に 全て 私の胃の中に納まらないように 気をつけます・・・・

  去年働いていた同僚たちが 皆で食べに行く話をしていた際 皆真っ先に挙がった名前がここ
  つまり 地元民にも愛されているレストランです

  良かったら お越しください

  
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-03 17:21 | La Flambée