英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

カテゴリ:子供と一緒に出かけよう( 17 )


  
 普通 子連れで旅行する時は やはり様々な場面を想定して 念入りに計画を練るものでしょう・・・・

 しかし ヨ-ロッパ各地を放浪してきた私

 初めての都市でも 大抵 どこに行けば 安宿が見つかるか 検討はつきます

 
 娘のスケ-ト教室は 月曜~土曜まで毎日

 冬の間は 月2度の試合


 バカンス時も スケ-ト合宿が 月曜~土曜まで

 私は 日曜日も仕事とあり 中々バカンスにいけない私たち

 まあ 貧乏なのに フィギュアスケートをしているから 旅行代なんて到底でないこともあるのですが・・

 昨年11月 一ヶ月だけホテルが閉まり 娘のスケ-ト教室も 先生が具合が悪くて土曜のレッスンがキャンセルなんてこともありました

 そのため 慌てて 旅行に行くよ と言い ばたばたしながら金曜の夜 出発

 ホテルも予約しないで 深夜現地についてから 適当に歩き 娘と一緒にホテルを探すなんて危ないことを決行・・・・・

 まず 第一弾は アルザス地方の コルマ-ル

d0258462_5462147.jpg



d0258462_5475283.jpg



d0258462_549612.jpg


 
 シャモニ-から 電車で行くと かなり大回りをしなければなりません
 少ない日程で行くために 地図を見て思いついたのが スイスを抜けること

 相乗りサイトで検索したら スイスを抜けてコルマ-ルに行く人を発見

 二人で片道50ユ-ロほどなので早速予約し ボンヴィルまでは電車で移動

 このシステム ヨ-ロッパでは盛んに使われている 地球温暖化にも役立つし 移動代も浮かせるし
旅の友もできるので とっても旅を快適にすることができます


 しかも 移動時間も大幅ダウン

 帰りも アルマスまで乗せてくれる人を予約し 2日間 コルマ-ルの町を散策しました

 娘は あまり古い家並みは好きではなかったようですが 大好きなハウルの城の舞台になった町だと
教えたら どの家が映画に出てくるのか 真剣に探していました

 少しは歴史にも興味を持ってくれると良いのですが・・・・

 この間 本大会で コルマ-ルのチ-ムも参戦し 見事に優勝

 しかも先生が 大人部門で出場し 会場中を大爆笑の渦に・・・


 滑りすぎる氷上のコメディアン プルシェンコを神とあおぐ娘は 来年コルマ-ルに引っ越して 彼にプログラムを作ってもらいたいそう・・・・

 路線がかなりずれてしまい 審判団ににらまれるってば・・・・

 
[PR]
by minuminukanon | 2014-05-02 05:58 | 子供と一緒に出かけよう

自然の中で芸術鑑賞

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

d0258462_13481685.jpg


サンジャルベレヴァンホアイエ駅から 徒歩7分くらいの パ-クテルマル

  広大な園内には テニスコ-トや アドヴェンチャ-パ-ク 子供公園 一番奥には タラソテラピ-センタ-も
あり 春 夏 秋には この園内で 蚤の市も開かれます

  ここでは 意外な掘り出し物が多く 見つかりますよ


  
d0258462_13505996.jpg


 それだけでなく 絵をタペストリ-に加工したものが 木々の間に飾られ ただで芸術鑑賞が楽しめます

 しばし 自然の中での芸術鑑賞 写真ですが お楽しみください

 
d0258462_1353649.jpg


 
d0258462_13534187.jpg


 
d0258462_13541727.jpg


 
d0258462_13545127.jpg


 
d0258462_13551978.jpg



 
d0258462_13555389.jpg


 
d0258462_13563239.jpg



 絵だけでなく 彫刻も楽しめます

 ジョネ-ブ方面から シャモニ-に来る際には 電車を必ず乗り換えなければいけない駅

 ここのケ-キは 本当に美味しいので 是非買って この公園で食べてもいいかもしれません
[PR]
by minuminukanon | 2012-12-27 13:59 | 子供と一緒に出かけよう

続編

  アルマスに下る電車の乗継まで1時間 でもその時間も無駄にはしません

  駅から徒歩2分の観光案内所で 情報収集を行った後は 20カ国以上放浪した私が 一番美味しいと
思ったケ-キ屋さんに行くことに・・・・ 

  
d0258462_6292352.jpg


  人気店の上に クリスマスとあって 外まで列ができていました

  
d0258462_6314711.jpg

 
  クリスマスとあり ブッシュ ド ノエルが何種類も・・・・ 大きいものが一個26ユ-ロくらいから
  ブラックチョコにオレンジのマカロンがついたもの 絶品です

  
d0258462_631716.jpg


  
d0258462_6303239.jpg


  私たちはでかけるので 小さいものから2つずつ選ぶことにしました

  
d0258462_13104781.jpg


  何と こちらのマカロンの中には トリュフやフォアグラが入っているそう 9個セットで9ユ-ロって 一個当たり1ユ-ロ


  
d0258462_13121553.jpg


  私たちが選んだのが こちら

  私は左端のマカロンつき 赤い実のケ-キと 右端のブラックチョコに マロンがたっぷり入ったものを選択

  娘は3種類のチョコのケ-キ と もういとつ違うチョコケ-キを選択

  
d0258462_13135798.jpg


 それに オ-ソドックスな かりかりのチ-ズとべ-コンがたっぷりはいったパン これが絶品でした


 公園で食べ始めましたが 電車の時間になってしまい 後は電車の中で・・・・クリスマスなのに・・・・


 続編へ

 

  
[PR]
by minuminukanon | 2012-12-27 13:18 | 子供と一緒に出かけよう

クリスマスのお出掛け


  
  
d0258462_5461957.jpg


  12月24日 クリスマス 私たちは スイスの国境の町で開かれる クリスマスマ-ケットを見にアルマスまで下ることにしました

  アパ-トから ペランのバス停まで歩き 見えた景色です

  
d0258462_547401.jpg


 
  ここから1番のバスに乗り レ ズッシュまで下り 電車に乗り換えます

  
d0258462_5484154.jpg


  ボッソン駅手前からの車窓です 進行方向に向かい左側に座ります

  
d0258462_5494243.jpg


  レ ズッシュの市役所前で クリスマス市が行われていました
  これでいいかと娘にいいましたが 納得しない模様・・・・
 
  
d0258462_5574792.jpg


  少し戻ると この風景が堪能できます 下界では シャモニ-界隈で一番好きな眺めです

  
d0258462_5583759.jpg


  ここでは 子供向けピストと無料で使用できる野外のスケ-トリンクがあります もちろん貸し靴も無料
みたいですよ

  
d0258462_604567.jpg


  レ ズッシュ駅から 電車に乗り込んで撮った景色です

  下る際は レ ズッシュまでなら断然左 それ以降は進行方向に向けて右側の席に座るのがお勧めです

  
d0258462_623475.jpg


  セルボウズからの眺め

  
d0258462_632316.jpg


  サンジャルベレヴァンホアイエ駅が近くなったら 右側から見える景色

  さあ 駅に着きました 続編へ
[PR]
by minuminukanon | 2012-12-27 06:05 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

  
d0258462_3481515.jpg



  フランスの長い夏休み
  丸二ヶ月間の殆どの時間を スケ-ト場で過ごした7歳の娘
  次々に他の子が脱落していく中 5週間の特別合宿1日も欠かさず参加しました
  1日5時間の合宿のあとは 一般の方に混じり 習ったところをおさらい
  努力の甲斐があり 習い始めて1年以内に2回の飛び級で 高校生と同じクラスに

  新学期初日からは 月曜日から土曜日まで 毎日レッスンに参加しなければなりません
  合宿が終わった後も 一般に混じり 一人だけ自主トレを続けてきました

  そんな頑張った7歳の娘に 夏休み最後のサプライズプレゼント
  本当は 住んでいるシャモニ-で 3日間180ユ-ロという ラフティングやロッククライミングなどを
体験するコースに参加させてあげ 後は昨年度1日9時間近くハイキングした場所で 一泊山小屋に泊まろうと思っていました

  しかし 夏休み後半 天気が崩れ雪まで降る寒さに・・・・・
  急遽寝ないで インタ-ネットで2泊3日くらいで行ける場所を探しました
  格安航空券はもう既に満員状態で バスや電車で行ける場所 海に行きたいと言っていた娘の希望も
考慮し 行き先はイタリアに決定

  しかし 出発日当日も まだどの都市にしようか決まらず ホテルさえ予約していないまま 娘を叩き起こしました

  シャモニ-市内のバス発着所まで走り バスの券を購入
  発車ぎりぎりだったので アオスタまでしか購入できませんでした

  「どこに行くの?」ろ聞いた娘に 「二-スの近くのジェノヴァという海辺の町」と答えた私
  昨年の夏休みは まだスケ-トをはじめていなかったので 頑張って2週間二-スの近くの臨海学校に送り出してあげました
  そこで毎日海で遊び バナナボ-ドなどで夏休みを満喫した娘
  しかし 娘の希望は ベニス
  一番大好きなフレンチコメディ-映画の冒頭に出てくるベニスの町並みが気に入った娘は ベニス ベニスと猛コ-ル

  「ベニスは遠すぎるから また今度ね」と言いながら 娘の前で ベニスのホテルに電話し 予約
  娘にはばれないように 頑張って思い出しながら イタリア語だけで話しました

  アオスタでミラノまでのバスチケットを購入し まずはミラノへ

  ミラノからベニスへの移動は 少し時間がかかるけれど 片道二人で26ユ-ロの一番安いものを前日ネットで検索済みだったので 地下鉄でドォ-モに出て 少しの間ミラノを散策することにしました

  
d0258462_474836.jpg


  
d0258462_484869.jpg


  
d0258462_495026.jpg


   ドォ-モのすぐ横にあるハンバ-ガ-屋さんで 景色を楽しみながら昼食

  
d0258462_4104965.jpg


  昼食後は もう一度ミラノに来れるように あの行事しなくちゃいけませんよね・・・・
  って よく見たら磨り減っていないし あ 間違えました・・・・・

  それでは気を取り直して 正しいほうで お得意の高速回転・・・・・・

  
d0258462_413572.jpg


  
d0258462_4141180.jpg


  なんか ヴィトンのイメ-ジ 斬新になりました これは日本人の方とのコラボで実現・・・・

  
d0258462_4144948.jpg


  
d0258462_4153624.jpg


  進級のお祝いに ミラネ-ゼになった気分でお買い物 今年は乗馬スタイルのパンツが流行っている
のかしら・・・?

  
d0258462_4171842.jpg


  
d0258462_4181955.jpg


  買い物ついでに ちょっと暑かったのでお洋服も着替えて なんちゃってお嬢様風?

  
d0258462_4191853.jpg


  ミラノ中央駅に移動し 切符を購入 駅の売店でお水などを購入し いざ乗車

  
d0258462_420277.jpg


  日本語読めないのに 写真を見ながら あそこにもここにも行きたいと 興奮する娘

  
d0258462_4212891.jpg


  この二人 顔のつくり瓜二つに見えませんか? 隣の方が 娘とお姉さん 私を見比べて
同じことを言っていました・・・・そのくらいのイタリア語分かるんだから・・・失礼ね------
  痩せていた時は 瓜二つだったのよ・・・・

  
d0258462_423464.jpg


  
d0258462_424198.jpg


  ベニスに到着した時は 既に夜・・・・ 着いた時に コメディ映画の冒頭の音楽 
「じゃんじゃ じゃんじゃん じゃんじゃ じゃんじゃん じゃんじゃ じゃんじゃん エイ」と言ったら
娘の顔が輝きました


  駅から近いホテルを予約していたので 歩いてホテルに行き 荷物を置いて夜の町に繰り出しました
  しかも この週末 ベニスではお祭りが開かれていました
  前日 下調べした時に お祭りがあることは分かったけれど 私の乏しいイタリア語能力ではどんな
お祭りなのかまでは分かりませんでした


  
d0258462_4315595.jpg


  ベニスのレストランは二重に税が取られる?ので 気軽に食べれるピザを購入
  1切れかなりの大きさで2ユ-ロを一人1枚ずつ
  食べながら カンツォ-ネが聞こえるほうに歩いて行きました

  
d0258462_434095.jpg
 

  
d0258462_435429.jpg
 

  お店のショ-ウェインド-も楽しみながら サンマルコ広場まで

  
d0258462_4361893.jpg


 映画に出てきた俳優さんたちがいないか どこで撮影が行われたか もう娘の好奇心が止まりません

  結局ホテルに戻ったのが深夜24時を回っていました

  しかし 翌日も朝7時前起き出した娘
  もう1泊止まることにして 朝からベニスの町を歩き回りました

  
d0258462_439870.jpg


  
d0258462_440617.jpg


  
d0258462_4405089.jpg


 「あらあなたの顔がこんな所に」と言ったら お尻思い切りはたかれた私・・・・もう既に
なってるでしょ・・・・・・

  
d0258462_4422236.jpg


  
d0258462_4433777.jpg


 こちらで 少し遅い100パ-セントジュ-スで朝食にすることに
 でも歩きながら飲みました

  
d0258462_444496.jpg


  
d0258462_4453860.jpg


  
d0258462_4462054.jpg


  どうぜ ここにきたのだから こんな衣装つけて 記念撮影したいなと思い お店の方に聞きましたが
貸衣装1日200ユ-ロとのこと・・・・・丸ひとつ少なくしてくれないかしら・・・・


  
d0258462_448683.jpg


  
d0258462_4485195.jpg


  教会は 本当に信仰心のなせる業なのか どこを見ても 本当に美の結晶でため息物です

  
d0258462_4502359.jpg


  こんなボ-トでまわるのも素敵ですね・・・・ 娘から却下が出ましたが・・・・・・

  
d0258462_4513472.jpg


  どの道を通っても どの家を見ても なんだか中世の時代に迷い込んだようで 素敵

  
d0258462_453054.jpg


  
d0258462_4533111.jpg


  サンマルコ広場に着きました ここに着たからには 中はいらなくちゃいけませんよね

  
d0258462_4552097.jpg


  
d0258462_4555729.jpg


  もちろん向かいの塔にも・・・・

  
d0258462_4564934.jpg


  
d0258462_4591429.jpg


  小さい娘が見えるようにと 抱っこして 柱の少し座れるスペ-スに乗せてあげたら
いきなり小悪魔モ-ド全開・・・・私もかなり頭にきて たくさん人がいるのに大喧嘩に発展・・・・

  
d0258462_512750.jpg


  せっかくお金出してきたのだから 小悪魔ほおっておいて 自分で景色楽しみましょう・・・・

  
d0258462_541862.jpg


  地上に下りたら 私が置いていかないようにと張り付いて離さない娘
  何とか私のご機嫌どりに走り始めました・・・・

  
d0258462_574827.jpg


  でも 朝から歩き尽くめで さすがに疲れていますよね・・・・・少し反省
  アカデミア橋を渡り 向かい側の島に渡ったところで 少し休憩タイム

  
d0258462_57295.jpg


  ス-パ-で購入したパンにサラミを挟んで 橋の上で食べました
  
  
d0258462_59149.jpg


  ゴンドラ と騒いでいた娘に サプライズプレゼント第二段 でもゴンドラ代は高いので
こちら 橋がない区間を通る時に使う乗り合いの渡し舟
  地元民は50サンチ-ムで観光客は2ユ-ロだから 私でも払えてしまいます

  豪華な椅子はないけれど この笑顔 疲れも一気に吹っ飛んだような大喜びで乗船

  
d0258462_5123277.jpg


  
d0258462_5133062.jpg


  しかし 船は娘の期待とは裏腹に すぐに反対側に着いてしまいました・・・・

  娘のショックはかなり大きく それならもう一度反対側行っちゃいますか?

  と 乗りのいい 船頭さんに下手なイタリア語で交渉して実現したのがこちら・・・・

  
d0258462_5161871.jpg


  少しの間だけ 舵を握らせて貰いました 妊婦さんも乗船していたので 少し心配でしたが
娘と同じ年のおこさんがいるという船頭さん  私の無理なお願い聞いてくれてありがとうございます

 あまり嬉しそうなので どうせならこのまま弟子にして しばらくの間 イタリアで稼いで来て下さい
 かなりぼったくると思うので 気をつけてくださいね・・・・・

  
d0258462_5192936.jpg


  魔法が消えて 一乗客に舞い戻り・・・でも最高に楽しそうな娘

  
d0258462_521499.jpg


  さあ お祭りの始まりです

  と思ったら トイレに行きたくなった娘
  しかし 娘お得意の影に入って と言うわけには行かない場所で 仕方なく 近くにあった
美術館のトイレに入ることに

  げ しかもその美術館15ユ-ロ た 高すぎる トイレ代に15ユ-ロ
  これは 相当いい美術館なのか-と思って見ましたが 正直がっかり・・・・
  ひとつひとつの部屋に係員さんがついているのに 私の興味をそそる作品ひとつもありませんでした・・・

  しかし 窓の外の大運河でお祭りが始まりました

  
d0258462_524568.jpg


  
d0258462_525591.jpg


  
d0258462_5253828.jpg


  
d0258462_5261270.jpg


  ゴンドラの大行進・・・・・・ただで見えるわけだけど 美術館の2階からなので 上から目線で見えて
しまいます

  まあ この特等席にお金を払ったと思うことにいたしましょう・・・・・・

  その後 私のほうがダウンしてしまい ホテルに帰り1時間ほど動くことができませんでした
  私が具合が悪い時は優しい娘
  お腹がすいているので 買って来たものを我慢して食べてくれました
  熱いシャワ-を浴びて復活した私
  駅で切符を購入して 夜のクル-ズに・・・・・

  
d0258462_5294467.jpg


  
d0258462_5302353.jpg


  
d0258462_5305517.jpg


  サンマルコ広場の近くまで乗船し また歩いて帰りました
  ホテルに帰宅したのが やはり深夜24時過ぎ・・・
  1日10時間も歩いてしまいました・・・・

  しかし 翌朝4時にホテルチェックアウトしなければいけません
  朝5時15分の電車に乗るのですが 朝4時から7時までホテルのフロントがしまってしまい
4時過ぎだと出れなくなってしまいます

  仕方なく娘をたたき起こし 駅へ向かいました
  しかし 閉鎖されており 駅前の階段で 私の膝枕で寝る娘 プチ野宿体験です・・・

  
d0258462_53561.jpg


  行きの電車の中で寝て ミラノに着いたのが朝9時くらい

  
d0258462_5355685.jpg


 朝マックをした後 中央駅付近を散策 100円ショップならぬ 50円ショップも発見
 しかし 一番の目的 イタリア製のスケ-ト靴 試着してみたかったのですが スポ-ツ店
みつからず仕舞いでした

  また出発ぎりぎりにバス停に着いた私たち・・・・・

  かなりハ-ドな旅になりました

  夏休みの思い出になってくれたかしら・・・・?
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-08 05:38 | 子供と一緒に出かけよう

1日で3カ国周遊

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_665259.jpg



  フランス シャモニ-から SAT社のバスツア-を使い 1日で3ヶ国周遊する旅に出た私たち親子


  一番上の写真は シャモニ-からモンブラントンネルを抜け イタリアに入った場所

  まずここで バスを降り 記念撮影

  シャモニ-側より 迫力がある氷河が近くまで迫っています

  
d0258462_6101933.jpg


  後ろには ク-ルマイヨ-ルの街が見えます

  
d0258462_6112791.jpg


  クリスタルを見つけて 満足の娘

  
d0258462_6124712.jpg


  バスに乗車し アオスタに向けて走り出しました しかし バスの中 灼熱地獄でガイドさんの
鳴り止まない説明に 更に体内温度が上がっていき・・・・


  
d0258462_6142710.jpg



  
d0258462_615144.jpg


 しかし 山々の風景 160近いお城などを バスの窓からわくわく眺めながら アオスタに到着

  ここで 3時間ほどの自由時間

 
d0258462_6165625.jpg


 アオスタは イタリア スイス フランスアルプスへの基点となる町で 大変活気があります

 たくさんのお店に加え ロ-マ時代の遺跡もたくさん残ります

 
d0258462_618585.jpg


 やはり イタリアと言ったら ジェラ-ドですよね・・・・行くたび お店を見るなり 端から入ってしまいます
 1日 何個食べているんだ?
 ということで 早速3玉購入・・・・しかし かなり小さい 以前はてんこ盛りだったのに・・・・・・・・

 
d0258462_621246.jpg



 形がいろいろ可愛らしいパスタは 一袋3ユ-ロから4ユ-ロ程度で 帰り際に購入
 大好きなポルチ-ニ茸の乾燥されたものも購入しました

 
d0258462_6231015.jpg


d0258462_6241774.jpg


d0258462_6245956.jpg



 ロ-マ時代の遺跡も堪能して・・・・・・


d0258462_6254940.jpg


 本場イタリアのピッツァも 大好きな食前酒モスカ-トダスティも堪能して

d0258462_6265412.jpg


 素敵な物もたくさん見て 集合時間ぎりぎりに集合場所まで戻った私たち

d0258462_627579.jpg


 しかも 灼熱地獄対策用に 娘にグラニタ買うと聞いたら 要らないというからわたしように

買ったら バスに乗った途端 奪われてしまった・・・・・この小悪魔・・・・・・・


 次に向かった場所は スイスとの国境にあるグランサンベルナ-ル峠

 もう何年も前に 一人で イタリア側とスイス側両方から超えたことがある私

 ここの風景を娘に見せてあげたくて このツア-を選びました


 
d0258462_6313790.jpg


 
d0258462_6323052.jpg


d0258462_633540.jpg


 こちら 分かりますか? トンネルの上に 岩が崩れて乗っかっています・・・・


 しかし 頂上は もうすぐそこ

 
d0258462_6343759.jpg



 私の思い出の場所

 1番初めに 一人で海外を旅行した際 アオスタからタクシ-をチャ-タ-し 電車の時間までに
帰ってくれる場所で 見晴らしが良い場所に行って欲しいとリクエスト

 乗りのいいイタリア人のおじさんと 大好きなイタリア人歌手の歌を歌いながら 連れて行ってもらった
場所
 しかも おじさん 昼食代や博物館代まで出してくれました・・・どっちが客なんだか・・・・・・

 ここでは1時間の自由時間

 
d0258462_638665.jpg


d0258462_638397.jpg


 持ち帰りたい衝動にかわれる 素敵な花 でも そこに咲いているから綺麗なので 我慢


 
d0258462_640699.jpg


d0258462_641799.jpg


d0258462_6413870.jpg


d0258462_656913.jpg


 またバスに乗り スイスのマルティニ方面に下ります

 マルティニといえば あのフィギュアスケ-トの貴公子 ステェファンダンビエ-ルの故郷・・・

 しかし バスは マルティニの街中は走らず 小高い丘の上を走り スキ-場を何個も抜け

杏直売所で一旦停止

 この杏 1kg7ユ-ロ50サンチ-ムって いくら何でも高すぎです

 
d0258462_6595257.jpg


 氷河や スイスの可愛らしい町並みを堪能しながら シャモニ-へと戻りました

 ツア-代 昼食代やおやつ代など 全てあわせても 二人で100ユ-ロかかりませんでした

 とってもお得なツア-です
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-31 07:01 | 子供と一緒に出かけよう

天国への架け橋 そのニ

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  続編 2

  
  
d0258462_14575668.jpg
 

  
  この登山道から モンブランやその周辺の山々の景色を堪能しながらハイキングしました

  

  
d0258462_1505281.jpg


  こちら 出だしは 石もあまりなく 歩きやすい道です 

  
d0258462_152861.jpg


  
d0258462_1525522.jpg


  登り始めて 5分もしないうちに この光景

  二つの大きな氷河のごつごつ感まで はっきりと見えてしまいます

  
d0258462_154177.jpg


  この時期 登山道には 山の恵みがたくさん

  タルト ミティ-ユ食べたくなってきました
  しかし リュックの中 探しても昨日入れたはずの ビニ-ル袋見当たりません
  さては 小悪魔 私のリュック荒らしたな・・・・・
  え-い 口の中に閉まってしまえ としばらく 山の恵みを 頂戴することに・・・

  
d0258462_157733.jpg


  登山再開 ここからは 写真でご紹介させていただきます
  一緒にハイキングしたつもりで 疑似体験お楽しみください

  
d0258462_1581682.jpg


  
d0258462_1585176.jpg


  
d0258462_1510218.jpg


 
d0258462_1511408.jpg


d0258462_15122017.jpg


 
d0258462_15142052.jpg


 
d0258462_1515219.jpg


 
d0258462_1515485.jpg


d0258462_15162770.jpg


 初心者の方でも お子様でも ここまでなら 十分楽しめる登山道です

 この先は ちょっときつくなりますが 娘も既に昨年6歳児に通った道・・・と言っても 普通の6歳児では
ないので 基準にはしないでください 1日8時間以上 山の中歩けてしまうタフな子です

 私は この分岐点を右に行きました ここから 後少し行った場所は かなり危険な箇所が多々あります
 天国への架け橋と言ったのは 景色もパラダイスですが 一歩間違えれば 本当に天国行ってしまいます

 
d0258462_15202638.jpg


 
d0258462_1521476.jpg


d0258462_15295491.jpg


d0258462_15415271.jpg


 モンブラン エギュディミディも はっきりと見えます

 
d0258462_15341275.jpg


 今度は 向かい側の この登山道挑戦しようと思います
 氷河の左側はおととし 娘が5歳の時に一緒に登りました
 右側の登山道は 冬娘とスキ-で滑り降りた場所です
 この右側 こちらから確認すると 氷河の真下までつながっているようなので ここに登りたいと思います

d0258462_1542457.jpg


 少し 危ない道に差し掛かってきました

d0258462_15451589.jpg


 この岩が見えたら 初心者やお子様連れは 引き返したほうが無難かも・・・・
 娘は通りましたが たまにお子様も見ますが ここから先はかなり危険です

d0258462_1547460.jpg


 この岩に 果敢に挑戦している人たち 私も混ぜてくれないかしら・・・猿娘の親の私も やはり猿?

 
d0258462_15482192.jpg


 
d0258462_15493458.jpg


 やってきました この岩を過ぎたら 登山道は こんなほぼ垂直な階段の連続です
 中には 岩の細い上を歩かなければいけない場所もあり 本当に危険です

 長くなりましたので この先の危険な道は 続編へ
 心臓に問題がある方は この先見るだけで 怖いかも・・・・・・
 でも 景色は 本当に最高です

 

 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 15:51 | 子供と一緒に出かけよう

天国への架け橋 その一

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_623997.jpg
 

  
 今週は ハイキング日和の快晴が続く ここシャモニ-
 昨日は仕事が休みだったので 娘をスケ-ト合宿に送った後 即山へと向かった私
 12時からレッスンが始まるため 午前中は出かけられず 本来なら午後14時に一旦レッスンが終わるので
迎えにいかなければならなかったのですが お友達のお母さんが 娘が一緒に遊びたいと言ってるから家で預かっていいと言って下さいました

 
d0258462_635881.jpg


 モンブラン広場に戻り バスの時刻表を確認した後 行き先を決定
 1番のバスに乗り 数日前に行った場所に舞い戻りました
 先日は レッスン後迎えにいかなければならなかったため 後ろ髪ひかれつつ 断念した登山道
 しかし 二日間 飼い猫の発情期のため 丸一睡もしていない私は ふらふら状態
 でも 一旦山の中に入ると 止めることできません・・・・

 
d0258462_692339.jpg


 一番のバスの終点一歩前の駅で降り 小さなお花が咲き乱れる集落に下っていきます

 
d0258462_6105048.jpg


d0258462_6112648.jpg


 集落の奥のほう 右側に見えるこの家の脇に登山道への入り口があります

 
d0258462_6125146.jpg


 
d0258462_6131274.jpg


 
d0258462_6134421.jpg


d0258462_6142320.jpg


 
d0258462_615926.jpg


 
d0258462_6155215.jpg


 ここまでの所要時間 10分ほど
 この道の向かい側の登山道を登ることにしました


 ここまでの道は 初心者の方でも お子様連れでも 十分景色を堪能できながら楽しめる場所です

 雷が近づいてきました
 怖いので 続きは また今度更新します
 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 06:18 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

  
  シャモニ-界隈で 子供と一緒に また初心者向けのハイキングに最適なコ-スをご紹介させて頂きます

  この日は 残念ながら 景色を撮影するには向いてなかった日 しかし晴れている日にお散歩するのは
とても楽しいコ-スです

   
d0258462_1558994.jpg



  シャモニ-市内から1番の ル トゥール行きのバスで アルジェンティを過ぎ Montroc SNCF駅で降ります
  もちろん モンブランエキスプレスでも この駅で下車することは可能です
  しかし 今は シャモニ-市内から マルティニ方面の路線の工事中なので 代替のバスが出ています
  もしかしたら 代替のバスでは この駅で降りれない可能性もあります

  このMontrocという小さな集落 お花が咲き乱れていて 山の景色も氷河がひときわ長く見渡せ とても
可愛らしい町で 春夏秋冬娘と散歩しています

  駅を降りてからの風景を 順に写真でご紹介させていただきます
  一番上の写真は 途中から見える景色です

  
d0258462_1661094.jpg


  バス停から  徒歩20秒で鉄道駅に

  
d0258462_167995.jpg


  ピンク色の建物が駅

  
d0258462_168725.jpg


 バス停から 駅とは反対側に歩いて20秒
 氷河が顔を覗かせています

 
d0258462_169318.jpg


 拡大すると こんなにごつごつしています

 
d0258462_1694645.jpg


 今日は この駅のすぐ横の道を入って ハイキングしてきました

 
d0258462_161115.jpg


 ここ晴れていて 電車が通っていれば 山をバックに写真撮影するには 絶好のポイント

 
d0258462_16123059.jpg


 この二股道 進行方向に向けて右側を選択します

 
d0258462_16134589.jpg


 少し なだらかな坂を下ると 可愛らしい集落に入ってきました

 
d0258462_16145070.jpg


d0258462_16152432.jpg


 この二軒 いつ見てもお花で埋め尽くされています

 
d0258462_16163051.jpg


d0258462_1617480.jpg


d0258462_16173956.jpg


d0258462_1618769.jpg


 こんな景色の良いところに住めたら 素敵ですね

 
d0258462_1619040.jpg


d0258462_16201111.jpg


 集落のだいぶ奥 進行方向に向けて右側のこの家の脇に登山道があります

 
d0258462_16211067.jpg


 この日は この登山道をお散歩することにしました
 娘と一緒に行きたかったのですが 夏休み中 フィギュアスケ-トの特別合宿に参加中
 先生が練習見るの好きではないので 3時間のレッスン中に気軽にお散歩できるコ-スを選択しました
 後日 娘を連れて行きたいと思います

 
d0258462_1625185.jpg


 ハイキングと言っても この登山道かなりなだらかな坂ですので 子供でも初心者でも十分登れちゃいます
 しかし サンダルなんて厳禁
 岩がごつごつしていないので 足をくじいたりする危険少ないけど 砂で滑る危険はあります
 高校生くらいのフランス人の子がサンダルでのぼり お父さんにしがみついていました
 親は何しているの?と思ったけど 日本でも上高地 ハイヒ-ルや革靴で散歩している方見かけたので
あまり言えないかな? 上高地を散歩したことがあるフランス人に 日本人山に行くのに なぜあんな括弧しているのか理解できないと言われたことがあるけど 私も理解不能

 
d0258462_16303394.jpg


 
d0258462_16311071.jpg


d0258462_16322867.jpg


 小高い丘の上に また新しい集落が見えてきました

 
d0258462_1633196.jpg


 ロバさんも気持ちよさそうに草食べています

 
d0258462_16341950.jpg


d0258462_16345288.jpg
d0258462_16351881.jpg
d0258462_16362978.jpg


遊び心いっぱいの可愛らしいお家

 
d0258462_16381990.jpg


d0258462_16382777.jpg


d0258462_16385586.jpg


 車がいっぱいで 人の声で賑わっていた山小屋

 この前に二股に分かれた道があります

 私は右側を選択

 
d0258462_1640375.jpg


d0258462_16403716.jpg


 この家住めたら 最高にピンク色に染まる氷河の景色堪能できそう

 
d0258462_16415565.jpg


 後ろ振り返ると こんな感じ

 
d0258462_16425865.jpg


 
d0258462_16433927.jpg


 21番のバスで Le Col DES Montets行きのバスのバス停に出てきました
 ここから歩いて15分で Le Col DES Montesに着きます

 しかし この出てきた道を横断すると斜め前に登山道の入り口

d0258462_16472695.jpg


 こちらを登っていけば ラックブロンにつきます
 この登山道 大変景色が綺麗だと聞いているので 仕事が休みの今日トライしようと思ったら雨・・・・・・


 この日は 娘のお迎えもあり 先ほどの登山道を途中まで戻り 更に違う登山道を使いアルジャンティまで
降りてバスに乗りました

 バスが中々来なかったので 娘は20分スケ-ト場で待っていたため かなり不機嫌
 アルジェンティのパン屋で 娘の大好物のド-ナツを10個購入
 争って食べてしまいました

 写真たくさんあるので アルジェンティまでのコ-スは 後日掲載します

 全ての行程が1時間弱 写真撮りまくりでも 気軽にハイキングできる行程でした 
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-28 16:51 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_15281961.jpg


 じゃじゃ馬街道まっしぐらの道を突き進む 当時2歳の娘
 今日は 松本城をご紹介させていただきます

 
d0258462_15301092.jpg


 
d0258462_1531494.jpg


 
d0258462_15323270.jpg


 
d0258462_15333383.jpg


 お城の中から 見える風景
 松本市と その後ろにそびえるアルプス お城を囲むお堀・・・自分がお姫様になった気分
 しかし 昔の方 どうやってこの階段 着物で登っていたのでしょうか・・・?

 
d0258462_1535497.jpg


 
d0258462_15363355.jpg


 実践してみると かなり 怖そう・・・・ 下はスカ-トだったから良いものの・・・

 幅は狭すぎるし 角度は急すぎで 敵が攻めてきただけを想定していたのでしょうか?
 着物のすそを踏んで 転がり落ちる昔の人たちを 想像してしまいました

 しかし 我がじゃじゃ馬姫は 人の言うことを聞かずに 一人で 全て上り下り・・・
 
 
d0258462_15394039.jpg


 
d0258462_15403290.jpg


 こちらの素敵な ゴロスリ衣装は YAHOOオ-クションで 北海道の素敵な方から
かなりバトルして 落札
 ついでに 別料金で 袴もお願いして作っていただきました

 それでも 写真スタジオで 貸衣装でプロの方に撮影をお願いすると5万はかかるので
しょうか?
 買ってしまえば それより安く 写真の腕は落ちますが あちこち記念に連れて行って
撮影でき 着れなくなった後はオ-クションで売れることもできるから お得だと思うのだけど・・・

 私は記念にとっておきますが これを着せて どうせだからと 長野県内の観光名所を
見学させていただきました

 ちなみに 松本城の近くには とても可愛らしい通りがあります

 
d0258462_15453011.jpg


 とてもお洒落な陶器屋さんは 私のご用達でした

 
d0258462_15463382.jpg


 
d0258462_1547143.jpg


 この通り お洒落なお店だけでなく かなり美味しいレストランもあります
 しかも 町並みが 城下町のおもかげを残していて 散歩するには 最高
 七五三の思い出作りに 訪れてみてはいかがですか?
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-17 15:49 | 子供と一緒に出かけよう