英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

カテゴリ:Montenvers 1913M( 3 )

氷の世界から 下界へ

 
d0258462_5174759.jpg


 
d0258462_519509.jpg


 再び モントンヴェ-ル鉄道に乗り 下界へ

 
d0258462_522838.jpg


 
d0258462_5263078.jpg


 今年は 若干 値上がりした鉄道代やリフト代
 窓口で並ぶよりも 事前に宿泊したホテルでも 共通券など購入可能なので
天気を下調べして 後悔のないようにしましょう

 
d0258462_5295098.jpg


 それにしても 大雪渓の中で 十分すぎるくらい 暑さを忘れたはずなのに
この娘の食い気 いったい誰に似たのだろう・・・・って私に決まっている
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-05 05:32 | Montenvers 1913M
 
d0258462_4493122.jpg


 いったい この氷 一番下は どれだけの年月がたっているのだろう?

 
d0258462_4512920.jpg


 
d0258462_4531043.jpg


 様々な色にライトアップされた氷の世界

 
d0258462_4552210.jpg


 
d0258462_456436.jpg


 中は 真夏だと言うのに ひんやりとしていて 暑さにばてた身体には気持ちが良い
 暑がりの娘が 一番お気に入りの場所

 有料で ハイジの犬と一緒に記念撮影もできます

 
d0258462_4593534.jpg


 帰りは もちろんゴンドラに乗って 上へ

 
d0258462_514139.jpg


 
d0258462_532544.jpg
 

 これ以上 写真が載せられないので この続きは また今度
 
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-05 05:08 | Montenvers 1913M
  
d0258462_412178.jpg


  
  シャモニ-中心街の鉄道駅の裏に 赤く可愛らしい登山電車の発着駅があります
  
  約20分の電車の旅は 進行方向に向かい 左側に席を取るべし

  
  
d0258462_417498.jpg


 
  すると 見えてくるのが この光景
  エギュディミディに次いで 人気が高いのが この登山電車での旅
  子供連れには 標高差の高いロ-プウェイなどで 中耳炎になる可能性も高く
 ゆっくりと登っていく この登山電車が子連れには 一番のお勧め場所

  
d0258462_4202682.jpg


 この電車の終点には 宿泊可能なホテルもあります
 一週間に一回は 夜 このホテルで食事と一緒に 地方衣装をまとった方たちの演奏
など楽しむ企画も模様されています

  
d0258462_4232471.jpg


 電車を降りたら 広がる光景
 おととしは 冬雪がかなり少なかったので 夏はかなり大雪渓が縮小されていた感じ
 しかし 今シ-ズンはじめ かなりの積雪量で シ-ズン後も 何日か季節はずれの雪が
降りました
 実は 昨夜からも天気が崩れ ここ数日 山の上は雪の予報
 今年の夏は 昨年以上に 大雪渓を満喫できるのではと思います

   
d0258462_427218.jpg


 ここの人気は この大雪渓の下に入れること
 小さなゴンドラに乗り継いで下に下るもよし 歩いて1時間ほどで 下に下るもよし

   
d0258462_4292621.jpg
  

 おととしは 歩いて下った私たち
 去年は ちゃっかり ゴンドラに乗って 下りました
 このゴンドラは 鉄道料金に含まれているため 余分にお金を払う必要はありません

 
d0258462_432783.jpg


 割れ目がはっきりと見えてきました

  
d0258462_4343161.jpg


 入り口は かなり水が滴り落ちているので カメラなど要注意

 この続きは 後日・・・・
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-05 04:39 | Montenvers 1913M