英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1日で3カ国周遊

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_665259.jpg



  フランス シャモニ-から SAT社のバスツア-を使い 1日で3ヶ国周遊する旅に出た私たち親子


  一番上の写真は シャモニ-からモンブラントンネルを抜け イタリアに入った場所

  まずここで バスを降り 記念撮影

  シャモニ-側より 迫力がある氷河が近くまで迫っています

  
d0258462_6101933.jpg


  後ろには ク-ルマイヨ-ルの街が見えます

  
d0258462_6112791.jpg


  クリスタルを見つけて 満足の娘

  
d0258462_6124712.jpg


  バスに乗車し アオスタに向けて走り出しました しかし バスの中 灼熱地獄でガイドさんの
鳴り止まない説明に 更に体内温度が上がっていき・・・・


  
d0258462_6142710.jpg



  
d0258462_615144.jpg


 しかし 山々の風景 160近いお城などを バスの窓からわくわく眺めながら アオスタに到着

  ここで 3時間ほどの自由時間

 
d0258462_6165625.jpg


 アオスタは イタリア スイス フランスアルプスへの基点となる町で 大変活気があります

 たくさんのお店に加え ロ-マ時代の遺跡もたくさん残ります

 
d0258462_618585.jpg


 やはり イタリアと言ったら ジェラ-ドですよね・・・・行くたび お店を見るなり 端から入ってしまいます
 1日 何個食べているんだ?
 ということで 早速3玉購入・・・・しかし かなり小さい 以前はてんこ盛りだったのに・・・・・・・・

 
d0258462_621246.jpg



 形がいろいろ可愛らしいパスタは 一袋3ユ-ロから4ユ-ロ程度で 帰り際に購入
 大好きなポルチ-ニ茸の乾燥されたものも購入しました

 
d0258462_6231015.jpg


d0258462_6241774.jpg


d0258462_6245956.jpg



 ロ-マ時代の遺跡も堪能して・・・・・・


d0258462_6254940.jpg


 本場イタリアのピッツァも 大好きな食前酒モスカ-トダスティも堪能して

d0258462_6265412.jpg


 素敵な物もたくさん見て 集合時間ぎりぎりに集合場所まで戻った私たち

d0258462_627579.jpg


 しかも 灼熱地獄対策用に 娘にグラニタ買うと聞いたら 要らないというからわたしように

買ったら バスに乗った途端 奪われてしまった・・・・・この小悪魔・・・・・・・


 次に向かった場所は スイスとの国境にあるグランサンベルナ-ル峠

 もう何年も前に 一人で イタリア側とスイス側両方から超えたことがある私

 ここの風景を娘に見せてあげたくて このツア-を選びました


 
d0258462_6313790.jpg


 
d0258462_6323052.jpg


d0258462_633540.jpg


 こちら 分かりますか? トンネルの上に 岩が崩れて乗っかっています・・・・


 しかし 頂上は もうすぐそこ

 
d0258462_6343759.jpg



 私の思い出の場所

 1番初めに 一人で海外を旅行した際 アオスタからタクシ-をチャ-タ-し 電車の時間までに
帰ってくれる場所で 見晴らしが良い場所に行って欲しいとリクエスト

 乗りのいいイタリア人のおじさんと 大好きなイタリア人歌手の歌を歌いながら 連れて行ってもらった
場所
 しかも おじさん 昼食代や博物館代まで出してくれました・・・どっちが客なんだか・・・・・・

 ここでは1時間の自由時間

 
d0258462_638665.jpg


d0258462_638397.jpg


 持ち帰りたい衝動にかわれる 素敵な花 でも そこに咲いているから綺麗なので 我慢


 
d0258462_640699.jpg


d0258462_641799.jpg


d0258462_6413870.jpg


d0258462_656913.jpg


 またバスに乗り スイスのマルティニ方面に下ります

 マルティニといえば あのフィギュアスケ-トの貴公子 ステェファンダンビエ-ルの故郷・・・

 しかし バスは マルティニの街中は走らず 小高い丘の上を走り スキ-場を何個も抜け

杏直売所で一旦停止

 この杏 1kg7ユ-ロ50サンチ-ムって いくら何でも高すぎです

 
d0258462_6595257.jpg


 氷河や スイスの可愛らしい町並みを堪能しながら シャモニ-へと戻りました

 ツア-代 昼食代やおやつ代など 全てあわせても 二人で100ユ-ロかかりませんでした

 とってもお得なツア-です
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-31 07:01 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_5474044.jpg



 ユ-ロ危機で シャモニ-でも 次々と閉店していくお店

 そんな中で かなり売り上げを伸ばしているお店

 そのブランドのうたい文句  ス-パ-ドライを インタ-ネットの自動翻訳で 翻訳したのでしょうか?
 まさか 日本人が翻訳したとは 思いたくもありません・・・

 極度乾燥しなさい って 日本語変だと思うの私だけでしょうか?

 このお店のTシャツ 綿素材で すぐ乾燥できる素材ではなく 単に日本語が書いてあるから 売り上げ
好調?

 他にも かなり面白い日本語?という 言葉が多々書かれたお洋服の数々・・・・・

 バックは 私の好きな70年代路線なので つい欲しくなってしまいますが この変な日本語が書いてある
物を 日本人が持っていたら 恥ずかしいかしら?

 結構お値段もするのに 何故こんな変な日本語使っているのでしょう?
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-31 05:53 | フランス雑貨

通学用バック

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_535872.jpg



 日本と違い 学校へは 可愛い柄のリュックだったり 斜めがけのバックを持っていく フランス
 新学期ももうすぐ

 この日は 娘と街に下り 新学期用のバックを探しました

 そして このシリ-ズ 女の子の後ろに渋谷センタ-街の風景が乗っているものに決定

 日仏ハ-フの娘がつけると 笑えるかも・・・・・

 
d0258462_539666.jpg


 しかも この顔 何となく 娘に似ている気がします・・・・
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-31 05:40 | フランス雑貨
  朝から 絶好のハイキング日和
  しかし 連日の猛特訓で疲れている娘 まだ起きれません

  長かった5週間の合宿も今日で最後
  今週は1日5時間の合宿のあと 更に一般に混じって3時間復習していた娘

  
d0258462_153804.jpg


  
d0258462_15405951.jpg


  
d0258462_15385134.jpg


  それもそのはず 娘一人競技用クラスに混じり 練習が開始されました

  そして 先生が 皆の前で娘に 「競技用クラスと競技用入門クラス あなたはどちらがいい?」

 と聞いたそうです

  即答で 「競技用クラス」と答えた娘

  先生は大変満足した様子で 「お母さんがOKなら 頑張ってみよう」と答えたそう

  これで 2回目の飛び級になる娘 1年間で4番目のクラスにあがります

  それを聞いたほかの子供達

  私も 私も と娘と一緒に上がりたい子続出
 
  そうですよね 皆娘より先に教室に通い始めました
  しかし 今までは競技用クラスに入る子 最低でもその前に5年は習っているとのこと
  習い始めて1年満たない娘が先にあがるのは 子供でも面白くはないですよね・・・・・

  でも 先生が 他の子たちに 「今の実力では 到底無理」と断ったそう

  皆 悲しい思いを 迎えに来た親御さんたちに話していました

  それで 私が あなたはここが娘より上手いと思う と言ったら 全て先生に注意されたところだそう・・・・
  基本の足が間違っているため 競技ではマイナスになってしまうそうで 先生は娘のほうを褒めていたそう・・・・素人目からは 他の子が娘より上手いと思っていた部分なのですが 先生曰く 娘は基本が完璧なそうで・・・・・墓穴を掘った私・・・・

  この間 先生と長話をしました
 
 フランスチャンピオンになるためには 最低1日5時間リンクの上に立たなければならず
他のクラブでは 学校のお昼休みにバスで送迎し バスの中でお昼を食べ 滑ってから バスで
また学校まで送り 授業を受けるそうです
  しかし シャモニ-では そんな優遇はなく ホッケ-が強く 習っている子も多いので 時間がさけません
  一番上手い生徒さんも 高校の優遇がなく 週2回しか練習できないそう
  これでは 勝てるはずもないので 見込みのある生徒は 自分で教えたい気持ちは山々あるけど
ここでは無理とのこと・・・・・

  アヌシ- もしくはリヨン 少し弱小だけど グルノ-ブルもいいと言われました
  アヌシ-は 確かに娘のパパの幼馴染が 以前ブライアンジュベ-ルの全盛期に その下のフランス代表として日本にも来た事あります

  でも 住むなら 私は 断然グルノ-ブル そこからバスで3時間のスキ-場 後数年後移住したいのだけど
スケ-ト場屋外だから 高校生になってからでないと無理かな・・・・・・・

  しかし 娘は 断然二-スといって譲りません
 
  昨年の夏は まだスケ-トしていなかったため 泊りがけの臨海学校 二-スの近くに二週間 頑張って送り出してあげました

  海で夏休みを満喫した娘は 二-スに住みたいとのこと
  山が近くにないと無理だから そしてやはりカトリンヌ先生が大好きなので 先生の近くで頑張れるだけ
頑張りたいと思います


  誰でもいいから 大きな大会で優勝して 先生に花道飾らせて欲しいです
  今 シャモニ-のクラブの代表として 先生のお子さんがフランス大会に出場していますが まだ勝てないそう・・・・
  お子さんは 既に20歳過ぎているし 他に仕事もあるため かなり時間を取られてしまい 練習もママならない状態だそうです
  
  だけど こんな大それた話になっても まだ実際に試合で勝ったわけではないので フランス大会にも国外の大会にも出場できる選手になれるか分かりませんが・・・・・

  この5週間 1日も欠かさず 練習に参加した成果は 十分出した模様の娘

  そして まだ他のスポ-ツも大好きなので 最終的に どれを選ぶかは 本人の人生なので親は 助言できても あくまでも本人の意思を尊重します

  スケ-ト以上に ロッククライミングのほうが 可能性大な気もするお猿さん・・・・・

  
d0258462_15534435.jpg



  しかし 月曜日から土曜日までの練習になるため 木曜日にレッスンがなければ ロッククライミング習えないけど・・・・・・・
  

  何でもいいから ひとつのこと とことん努力して きわめて欲しいです

  
d0258462_15414576.jpg
    

 
d0258462_15422258.jpg


 
d0258462_15424784.jpg


 
d0258462_15431019.jpg


 この上二枚は 後ろ向きに滑ってきてから 足上げる技で まだ左右で足の上がりが違うよう・・

 
d0258462_15442041.jpg


  本当に好きでしょうがないのか 笑いながら滑っている娘に 小さい頃の自分が重なります
  毎日10時間テニスしても 飽きなくて 楽しかった私・・・・・
  スポ-ツは違うし 髪の色も肌の色も違うけど 似た者親子です
  でも 私 こんな強烈な性格ではなかったけど・・・・・・・・

  家の経済で どこまでお金持ちのスポ-ツに割り込めるか・・・・・・オ-クションと蚤の市で 少しでも安く
済ませ 娘が続けたい限り 頑張ってみようと思います
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-18 15:54 | フィギュアスケ-ト

 プロの方の蚤の市 素敵だけど どれも高すぎ

 そんな中から 私が手に入れたものをご紹介させていただきます
 お財布の中身の都合上 また娘のスケ-ト靴 近日中に買わなければいけないため
この前編で紹介してきたものから比べると だいぶ見劣りするかもしれません

 それも そのはず 全てひとつ当たり5ユ-ロでした・・・・・・・・

 素人の方のガラクタから 掘り出すしかないですね・・・・・・

 
d0258462_14233178.jpg


  タバコ大嫌いなのに 愛嬌のたっぷりの鳥に惹かれてしまった 灰皿
  しかし 娘が 自分の部屋の鳥かごの中に入れてしまいました・・・・・・
  中身 よく洗って チョコレ-ト流し込めば 可愛いチョコができるのに 食べたくありませんが・・・


  おじ様曰く200年前の代物って 嘘つくな- で おじさんはどれくらい年季入っているのと聞いたら150年ほどだそう・・・・・・それからいくと きっと1900年代前半のもの?

  そんなお茶目なおじさんから 購入したものはこちら

  
d0258462_14272173.jpg


 
d0258462_14281982.jpg


  この上の2枚 1894年4月8日 日曜日版の新聞

  絵 凄すぎで 額を探して飾りたいと思います 残念ながら少し染みがあります
  でも その前にコピ-して コピ-したものを飾ろうかな- 本物は娘の嫁入り道具・・・・本人売るだろうな-

  
d0258462_14324378.jpg


  
d0258462_14331167.jpg


  こちらの上二枚は 1899年5月14日 日曜日版

  
d0258462_1435281.jpg


  
d0258462_1435544.jpg


  こちらの上二枚は 1899年3月12日 日曜日版

  私の憧れの地 マダガスカル島の王妃さまをこの小悪魔 男の人が女装しているとほざきました
  でも 確かに男顔しています

  
d0258462_14384437.jpg
 

  
d0258462_1439762.jpg


  こちらの上2枚は1894年12月16日 日曜日版

  一部6ユ-ロのところまとめて買ったので 一部5ユ-ロに負けてもらいました
  後から思えば 日本やロシアも買っておけばよかった・・・・・

  歴史大好きの私 全てを制覇してしまったおじさんと長話をしてしまいました

  もし1700ユ-ロくらい払ったら 全て持っていっていいよと言われましたが 100ユ-ロならとも
考えた 素敵なロマンあふれる新聞
  しかし 中身を取り出すと 匂いに咳が止まりません・・・・・・
  これ 読むことできるのか心配

  そして 他の方から 古くはないけど 私の大好きな世界遺産に登録された 郵便配達人の理想郷の本

d0258462_14441616.jpg


d0258462_14495872.jpg


 
d0258462_14503249.jpg


d0258462_14505671.jpg


 こちらは あっという間に読んでしまいました
 分からない単語が出てきて 最後のぺ-ジに その単語がフランス語で説明されていました
 ということは 専門用語なのですね・・・・

 33年の長い月日をかけて 郵便配達人が一人で作り上げた理想郷
 彼が作っていた当時は 周囲から変人扱いされたけど 何も観光資源がない村が 彼のおかげで世界中
から観光客が来るようになりました

 本当は彼 自分の作り上げた理想郷をお墓にしたかったのだけど 皆から反対され 墓地の中に自分の小さめのお墓をつくり そこに眠っています

 
d0258462_14513150.jpg



 娘を生む前に アヌシ-で知り合ったスペイン人の友達に 車で連れて行ってもらいました
 公共機関を使うと かなり辺鄙な地なので 現地で一泊することは必須
 今度 娘を連れて一泊してきたいと思います

 皆に馬鹿にされながら それでも自分の信念を貫いた方 尊敬します
 娘にプレゼントして フィギュアスケ-トでも ロッククライミングでも 何かこれって思ったこと 貫いて欲しいです
 

  
  
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-18 14:52 | 蚤の市とリサイクルショップ

  続編

  本当にため息出てしまう これ 誰かただでプレゼント してくれないかな-・・・・・


  
d0258462_133371.jpg


  仕事で 料理長の趣味なのか いつも 何十年前の音楽?のラジオ聞かされています
  毎日同じ曲 何百回 いや 何千回聞いたでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  どうせなら アイポットではなく こんな古ぼけたラジオで聞きたいものですが・・・・
  これなら 料理長の音程はずれた歌でも きっと納得できるかもしれません
  後ろ壊れているし 万が一聞けたとしても だいぶ汚い音だろうから・・・・・・

  げ 壊れているのに この値段 料理長にプレゼントするのはやめました

  
d0258462_1337653.jpg


   綺麗だけど 値段見るのはやめときました どうせ手が出ないと分かっているから・・・・・

  
d0258462_1338111.jpg


   素敵なフォ-ム でも一軒家に住んでいるわけではないし お値段 私にはまるひとつ多すぎ・・・

  
d0258462_1340161.jpg


  2客で150ユ-ロ 4客なら欲しい一品ですが 同じ柄探すの 大変そうで断念 って椅子ありすぎるから・・・

  
d0258462_1341946.jpg


  娘の部屋のインテリアにしようとして 本人から却下されました・・・・・・

  
d0258462_13415828.jpg


  もう ものがいっぱいで 壁にこういう作り棚付けていくしかない娘の部屋 
  しかし これも本人却下

  
d0258462_13433522.jpg


  こちらの模様が素敵な小物入れ 18ユ-ロも 本人から却下されました

  
d0258462_13444944.jpg


  こちら 一番下のはさみ なんと100ユ-ロ

  
d0258462_13455729.jpg


  こちらのパ-ツはひとつ3ユ-ロ 最近物作る暇ないので 買うのやめました

  
d0258462_1346646.jpg


  アンティ-クボタンひとつ1ユ-ロ

  
d0258462_1349228.jpg


  
d0258462_13493961.jpg


  
d0258462_13502083.jpg


  
d0258462_1350467.jpg


  
d0258462_13514571.jpg


  
d0258462_13531228.jpg


  
d0258462_13534364.jpg


  私のテ-マ オレンジ色の小物入れ 何と35ユ-ロ 買えるわけありません・・・・・

  
d0258462_1355588.jpg


  
d0258462_13545834.jpg


   娘用のサイズみあたらずうなだれた私に 娘が一言 「もしあっても着るわけない」

  
d0258462_1357592.jpg


  戦争直後にイタリアの有名な方が書いた2冊 とても貴重な品だそうで 1冊40ユ-ロ
  中身は・・・・・

  
d0258462_13581726.jpg


  
d0258462_13584280.jpg


  
d0258462_1359664.jpg


  私好みのユ-モアあふれる絵で 塗り絵にしたいけど 丸ひとつ多すぎ・・・

  
d0258462_1412566.jpg



  
d0258462_1432879.jpg


  こちらは100年以上前の東京が紹介された新聞
  
  
d0258462_145463.jpg


  
d0258462_1451025.jpg


  
d0258462_1461595.jpg


  こちらは ロシアのモスクワ

d0258462_1464277.jpg


 
d0258462_1472919.jpg


  スペインの闘牛

 
d0258462_1481079.jpg


  どれもこれも素敵過ぎて わくわくしながら何回も会場を回ってしまいました
  しかし 手が届くものは殆どなく・・・・・


  今回は パリやリヨン様々な都市から 業者さんが出張販売していました
  しかし 観光シ-ズン真っ只中のシャモニ-ですが 皆さんの目的は山・・・・

  こんな晴れた日でないと蚤の市開けませんが 多くの方は 山の中に消え 業者さん悲鳴上げていました

  もうシャモニ-には来ないと言う方まで・・・・・

  後編で 私が実際に買ったものをご紹介させていただきます

  

 
  
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-18 14:11 | 蚤の市とリサイクルショップ

本物のデザイン画



モンブラン広場で プロ主催の蚤の市が行われました
  さすがに 欲しいと思うものたくさんありましたが どれも私には高値の花・・・・
  買えないものは写真に撮っておこう・・・

d0258462_831334.jpg


  
d0258462_865291.jpg


  
d0258462_875240.jpg


  
d0258462_13123021.jpg


  
d0258462_13145175.jpg


  
d0258462_1315679.jpg


 
d0258462_13154532.jpg


 
d0258462_13162850.jpg


 
d0258462_13165861.jpg


 
d0258462_13185416.jpg


 
d0258462_1320182.jpg


 
d0258462_13203453.jpg


 こちらは 1950年くらいの本物のデザイン画
 デザイナ-のサインも入っている とても貴重な資料
 一枚30ユ-ロで 全部揃えたいけど そんなの私には到底無理
 というわけで 頼んで写真に撮らせていただきました
 連絡先も頂いたので こつこつとお金が出来 もしまだ売れ残っていたら 一枚ずつ集めて
いきたいと思います
 
 それにしても 素敵なデザイン
 だけど このウエストのくびれ・・・・ほ 欲しい 一度でいいから・・・・・・
 このぶよぶよ出っ腹が隠れるデザインしてくれないかしら・・・・・?

 この他 今回の蚤の市 まだまだ素敵なものがたくさんありました
 それは 続編で・・・
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-18 13:26 | 蚤の市とリサイクルショップ

花職人


  今日の一句 + つぶやき・・・

  そこじゃない どこにまくのか びっちょびちょ


   
d0258462_13155695.jpg


 
d0258462_13163031.jpg


  コンクリ-トに花は咲かないから・・・

 
d0258462_13172555.jpg


  今度は ちゃんと まけました

 
d0258462_13193552.jpg


 
d0258462_1321128.jpg


 こちらは 使うのに かなりこつがいるのですが 最初は自分の身体にかけていた娘
 用水路の水 飲まないように気をつけてね・・・・・・

 日々 使えこなすようになりました

 だけど 暑い夏に水をかぶるの 子供達好きですよね・・・・

 
d0258462_1323010.jpg


 今度は 自ら 水をかぶり 涼んでいます
 オムツまで びちょびちょ・・・・
 その後 満面の笑みを浮かべたと思ったら 何と バケツの水 私にかけようとした一歳児・・・・・

 いくら ひからびかけているとはいえ 賞味期限切れとはいえ 用水路の水 かけないで

 しかも カメラ濡れると壊れちゃうし---------------

 
d0258462_13262130.jpg


 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-07 13:27 | 今日の一句

天国への架け橋 そのニ

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  続編 2

  
  
d0258462_14575668.jpg
 

  
  この登山道から モンブランやその周辺の山々の景色を堪能しながらハイキングしました

  

  
d0258462_1505281.jpg


  こちら 出だしは 石もあまりなく 歩きやすい道です 

  
d0258462_152861.jpg


  
d0258462_1525522.jpg


  登り始めて 5分もしないうちに この光景

  二つの大きな氷河のごつごつ感まで はっきりと見えてしまいます

  
d0258462_154177.jpg


  この時期 登山道には 山の恵みがたくさん

  タルト ミティ-ユ食べたくなってきました
  しかし リュックの中 探しても昨日入れたはずの ビニ-ル袋見当たりません
  さては 小悪魔 私のリュック荒らしたな・・・・・
  え-い 口の中に閉まってしまえ としばらく 山の恵みを 頂戴することに・・・

  
d0258462_157733.jpg


  登山再開 ここからは 写真でご紹介させていただきます
  一緒にハイキングしたつもりで 疑似体験お楽しみください

  
d0258462_1581682.jpg


  
d0258462_1585176.jpg


  
d0258462_1510218.jpg


 
d0258462_1511408.jpg


d0258462_15122017.jpg


 
d0258462_15142052.jpg


 
d0258462_1515219.jpg


 
d0258462_1515485.jpg


d0258462_15162770.jpg


 初心者の方でも お子様でも ここまでなら 十分楽しめる登山道です

 この先は ちょっときつくなりますが 娘も既に昨年6歳児に通った道・・・と言っても 普通の6歳児では
ないので 基準にはしないでください 1日8時間以上 山の中歩けてしまうタフな子です

 私は この分岐点を右に行きました ここから 後少し行った場所は かなり危険な箇所が多々あります
 天国への架け橋と言ったのは 景色もパラダイスですが 一歩間違えれば 本当に天国行ってしまいます

 
d0258462_15202638.jpg


 
d0258462_1521476.jpg


d0258462_15295491.jpg


d0258462_15415271.jpg


 モンブラン エギュディミディも はっきりと見えます

 
d0258462_15341275.jpg


 今度は 向かい側の この登山道挑戦しようと思います
 氷河の左側はおととし 娘が5歳の時に一緒に登りました
 右側の登山道は 冬娘とスキ-で滑り降りた場所です
 この右側 こちらから確認すると 氷河の真下までつながっているようなので ここに登りたいと思います

d0258462_1542457.jpg


 少し 危ない道に差し掛かってきました

d0258462_15451589.jpg


 この岩が見えたら 初心者やお子様連れは 引き返したほうが無難かも・・・・
 娘は通りましたが たまにお子様も見ますが ここから先はかなり危険です

d0258462_1547460.jpg


 この岩に 果敢に挑戦している人たち 私も混ぜてくれないかしら・・・猿娘の親の私も やはり猿?

 
d0258462_15482192.jpg


 
d0258462_15493458.jpg


 やってきました この岩を過ぎたら 登山道は こんなほぼ垂直な階段の連続です
 中には 岩の細い上を歩かなければいけない場所もあり 本当に危険です

 長くなりましたので この先の危険な道は 続編へ
 心臓に問題がある方は この先見るだけで 怖いかも・・・・・・
 でも 景色は 本当に最高です

 

 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 15:51 | 子供と一緒に出かけよう

天国への架け橋 その一

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_623997.jpg
 

  
 今週は ハイキング日和の快晴が続く ここシャモニ-
 昨日は仕事が休みだったので 娘をスケ-ト合宿に送った後 即山へと向かった私
 12時からレッスンが始まるため 午前中は出かけられず 本来なら午後14時に一旦レッスンが終わるので
迎えにいかなければならなかったのですが お友達のお母さんが 娘が一緒に遊びたいと言ってるから家で預かっていいと言って下さいました

 
d0258462_635881.jpg


 モンブラン広場に戻り バスの時刻表を確認した後 行き先を決定
 1番のバスに乗り 数日前に行った場所に舞い戻りました
 先日は レッスン後迎えにいかなければならなかったため 後ろ髪ひかれつつ 断念した登山道
 しかし 二日間 飼い猫の発情期のため 丸一睡もしていない私は ふらふら状態
 でも 一旦山の中に入ると 止めることできません・・・・

 
d0258462_692339.jpg


 一番のバスの終点一歩前の駅で降り 小さなお花が咲き乱れる集落に下っていきます

 
d0258462_6105048.jpg


d0258462_6112648.jpg


 集落の奥のほう 右側に見えるこの家の脇に登山道への入り口があります

 
d0258462_6125146.jpg


 
d0258462_6131274.jpg


 
d0258462_6134421.jpg


d0258462_6142320.jpg


 
d0258462_615926.jpg


 
d0258462_6155215.jpg


 ここまでの所要時間 10分ほど
 この道の向かい側の登山道を登ることにしました


 ここまでの道は 初心者の方でも お子様連れでも 十分景色を堪能できながら楽しめる場所です

 雷が近づいてきました
 怖いので 続きは また今度更新します
 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 06:18 | 子供と一緒に出かけよう