英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小悪魔誕生物語

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  
d0258462_18334158.jpg



  こちらは 娘が生後9ヶ月の時にタイに渡り 1泊 その後3ヶ月フランスで過ごし 更にタイで1ヶ月半過ごした時の写真です

  おなかの中にいる時から 飛行機に乗り 生まれてからも 旅をし続ける娘

d0258462_1902594.jpg


  こちらは フランスの 秋の収穫祭 このべビ-カ-の中で 立って踊りながら 街の中で 見てみてと
フランス語で連発 おかげで 毎日注目の的でした

  私のおなかに寄り添って寝ていた飼い猫たちのいびきを子守唄代わりに 生まれてきてからも べビ-ベットに4匹と一緒に重なり合い 寝ていた猫娘

 
d0258462_1934867.jpg


  
d0258462_192242.jpg


  
  
d0258462_18464061.jpg


 飼い猫たちが 娘の面倒を見てくれたら すっかり野生児の小悪魔に 成長してしまいました


  
d0258462_1848544.jpg


 こちらは 娘1歳の時 夜中まで 毎日5時間 絵本を読まされ 分からないところは分かるまで説明させられたと思ったら まだまだ疲れていないタフな野生児

 家の中にあるジャングルジムで 夜中に遊びだします
 昼間は 1日5回も 着替えるほど 外で遊びまくったというのに・・・・・

 そして ジャングルジムの1番上にたち 何と両手を離して 足のバランスだけで立っています

 生後9ヶ月で 初めて乗ったのが ゾウ
 これは かなり揺れて いつもわめいているお猿さんも 放心状態で 揺さぶれっこ症候群を心配した私

  
d0258462_1859451.jpg

 
 その後 タイの海辺で1ヵ月半 砂浜で歩く特訓をしたと思ったら その後いっさいべビ-カ-には乗らず
こんな毎日を送っています・・・・・・

 
d0258462_1855599.jpg


 
d0258462_18554795.jpg


 
d0258462_1856549.jpg


 野生児で 反射神経だけは 人の何十倍もあるので ピンチの際は 私のシャッタ-チャンス
 助けずに カメラを取り出す私は この小悪魔の母親です・・・・・

 
d0258462_196769.jpg



 好奇心は 人一倍旺盛な娘は 今では7歳

 日本から移り住んで3年の月日が流れました

d0258462_1973132.jpg
 

 アヌシ- サンジャンド-アルプス トノレヴァン シャモニ-と移り住み スポ-ツ三昧の毎日

 
d0258462_1992275.jpg


 
d0258462_19104376.jpg


d0258462_19115684.jpg


 
d0258462_19132648.jpg


d0258462_19163493.jpg
 

 
d0258462_1914336.jpg


 
d0258462_19145756.jpg


 日本から 飛び出した じゃじゃ馬小悪魔 の未来は さてどうなることでしょう?

 
d0258462_19182730.jpg



 親として ばら色の人生を送ってくれれば 嬉しいのですが・・・・・・

 
d0258462_19194765.jpg


 これから 先は 娘が自分で 自分の船をこがなければなりません

 ついでに ジョ-クで 少しだけ操縦させていただいた ベネチアのゴンドラ

 果たして 娘は 自分の舵を上手く操れるのでしょうか?
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-28 19:21 | 猫と猫娘
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


   
d0258462_17301997.jpg



  先日 閉店間際に飛び込んだ蚤の市で 一番最初に目に飛び込んできた 巨大バンビ
 
  30年代くらいのかなり古いもので ところどころはげていたり 汚れていたり 修復されていたり
ぼろぼろだけど この形 この表情に一目ぼれして 即買い決定

  
d0258462_17323187.jpg


 
d0258462_173325.jpg


 
d0258462_17332210.jpg


 さきほど 紹介した珍しい鉛筆削りを売っていた方から 素人価格で購入しました
 コレクタ-の方には たまらない品だと思います
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-28 17:34 | 蚤の市とリサイクルショップ
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  
d0258462_17221510.jpg



  先日 出かけた蚤の市で ちょっとかわった鉛筆削りを見つけました

  細部までこだわった ミニュチュアとしても楽しめる鉛筆削りです


  
d0258462_17232725.jpg


 
d0258462_1724716.jpg


  こちらは レバ-を引くと スロットマシンとしても使用可能です

 
d0258462_1725110.jpg


 
d0258462_1725255.jpg


 こちらは レジ
 
 下の引き出しに 削られたかすが入るので 引き出しを開けて ごみを捨てられます


 
d0258462_17262481.jpg


 私が行った時は 既に殆ど売れてしまった後で こちらはおまけでいただきました

 しかも3つあわせて 驚きの素人さん叩き売り価格?

 他にも このご夫婦から たくさんレアなヴィンテ-ジものをゲットしてしまいました

 これだから 蚤の市めぐりやめられません
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-28 17:28 | 蚤の市とリサイクルショップ

5 縁のある蚤の市


 タイトルは 変換間違えたわけではありません
 昨日の蚤の市の戦利品のお値段 単純に5がつくものが殆どでした
 
 昨日 フィギュアスケ-トのレッスンが11時に終了すると 娘に急いで着替えさせ
駅へと急ぎましたが 一歩遅れ

 仕方なく 次の電車まで1時間 天気もよいので歩くことにしました

 
d0258462_1940544.jpg


 9月頭から 一気に秋を通りこして 冬になったシャモニ-
 山の上に降り積もった雪が光り輝いていました
 朝 レッスンに行く時は 寒さで凍えると思いましたが 昨日は快晴で 秋が戻った感じ
 
 1時間歩いて ボッソン駅で 電車に乗ることにしました

 
d0258462_19434629.jpg


 ス-パ-で買って来た わさび味のポテトチップス
 先に味見した娘の顔 見る間に形相が変わり 「こんなにまずいものは食べたことがない お腹痛くなってきた」と 火を吐きました・・・・やはり あなたは 恐竜だったのね・・・・・

 そこで 私が試すと まさに娘の言ったとおり 辛さはちょうど良いのに 気持ち悪くなるほど 何と表現していいのか分からない味・・・・・

 昨日は クル-ズとボンビルの2つの町で蚤の市が行われました
 しかし スケ-ト教室のおかげで アジア食料品店もある ボンビルのみに行くことに・・・
 200店舗と書かれていた通り かなりの出品数に圧倒されました

 
d0258462_19482567.jpg


 娘が これ何と最初に手をとったもの

 私が親切丁寧に 説明してあげました

 「これはね あなたが大昔 他の人物だった頃 悪いことをして 刑務所に入り 逃げないように足首に付けられていたのよ 覚えている? 筋トレように買う? 三回転ジャンプ飛べるようになるわよ」と言ったら 怒った娘 小悪魔モ-ド炸裂・・・・・

  
d0258462_19513397.jpg


 娘の気をなだめるために 飼ってあげたお菓子 12個入りで4ユ-ロ
 自分の新しい舌だと言って 今までで一番長い舌に満足

 
 
d0258462_1959448.jpg
 

 せっかく機嫌戻ったのに ついこの仮面見たら また余計な一言言ってしまった私

 「あら あなたの顔がこんなところに」・・・・娘の顔が この仮面以上に怖くなったのは言うまでもありません

 
d0258462_2003191.jpg


 こちらの木彫りは 面白いけど 10ユ-ロ でお得な気がしました でも重たすぎて持ち帰る気にはならず・・・

 
d0258462_2014253.jpg


 娘と私が 即気に入ったデザインですが 小さすぎ・・・・
 娘が買って これを見て同じように作ってと言いましたが 写真を撮り ブランド名を確認したので オ-クションで探してみるつもりです

 
d0258462_2034426.jpg


 即却下されたぬいぐるみ・・・可愛いのにな-

 
d0258462_2052227.jpg


 これ 本来服着せて見せるものでは? 

 
d0258462_2062632.jpg


 
d0258462_2064365.jpg


 本日一番欲しかったものですが 娘の猛反対を受けました

 「そんなの買ったら 恥ずかしいから一緒に歩かない」と

 「それなら 絶対買わなくちゃ」と思いましたが 娘を説得しているうちに 他の方に買われてしまいました

 ばんびちゃんつきで 布団までついているから 花音用にちょうど良いのに・・・・・


 結局 日本食を大量に買い込むという目的があったため 小さくて重くないものをセレクト

 本日の戦利品はこちらです

  
d0258462_20103248.jpg


 こちら コレクタ-もので かなりの値になっているもの1枚 目立たないところ 小さなかけがありますが
このお値段で買えることはまずこちらでもないかも?

 
d0258462_20121366.jpg


 そして 同じおばあちゃんから この裏表紙の絵が気に入り 即買いした絵本
 1970年に発行された絵本で 表紙と中の挿絵は こんな感じです

 
d0258462_20134245.jpg
d0258462_20132187.jpg

d0258462_20142480.jpg
d0258462_2014337.jpg


 
d0258462_20151541.jpg


 花柄のホ-ロ-鍋

 
d0258462_20155076.jpg


 蜂蜜?が入っていた容器

 
d0258462_20162817.jpg
d0258462_20164797.jpg


 さび始めているけど かなり古そうなドイツ語?で書かれた 浮き彫りのデザインの缶

 
d0258462_20173714.jpg


 ビロ-ドのような素材に ブル-は刺繍 後は描かれた 娘が一番お気に入りの絵?

 これら 全て 50サンチ-ムもしくは5ユ-ロ
 ちなみに この中で 5ユ-ロで買ったのはひとつだけ 後は全て嬉しい50サンチ-ムでした

 その他 5ユ-ロでないけれど・・・・

 
d0258462_20193163.jpg


 3ユ-ロで手に入った 娘の靴
 ワンサイズ 10足くらいそろえないと すぐ履きつぶしてしまうため 新品買っていられません

 その後 市内から 少し歩いたところにある アジア食品店で 大量買いした私たち

 駅で ふたりで 大福もちを取り合いながら食べました

 
d0258462_2021899.jpg

 
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-16 20:21 | 蚤の市とリサイクルショップ
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

  
d0258462_3481515.jpg



  フランスの長い夏休み
  丸二ヶ月間の殆どの時間を スケ-ト場で過ごした7歳の娘
  次々に他の子が脱落していく中 5週間の特別合宿1日も欠かさず参加しました
  1日5時間の合宿のあとは 一般の方に混じり 習ったところをおさらい
  努力の甲斐があり 習い始めて1年以内に2回の飛び級で 高校生と同じクラスに

  新学期初日からは 月曜日から土曜日まで 毎日レッスンに参加しなければなりません
  合宿が終わった後も 一般に混じり 一人だけ自主トレを続けてきました

  そんな頑張った7歳の娘に 夏休み最後のサプライズプレゼント
  本当は 住んでいるシャモニ-で 3日間180ユ-ロという ラフティングやロッククライミングなどを
体験するコースに参加させてあげ 後は昨年度1日9時間近くハイキングした場所で 一泊山小屋に泊まろうと思っていました

  しかし 夏休み後半 天気が崩れ雪まで降る寒さに・・・・・
  急遽寝ないで インタ-ネットで2泊3日くらいで行ける場所を探しました
  格安航空券はもう既に満員状態で バスや電車で行ける場所 海に行きたいと言っていた娘の希望も
考慮し 行き先はイタリアに決定

  しかし 出発日当日も まだどの都市にしようか決まらず ホテルさえ予約していないまま 娘を叩き起こしました

  シャモニ-市内のバス発着所まで走り バスの券を購入
  発車ぎりぎりだったので アオスタまでしか購入できませんでした

  「どこに行くの?」ろ聞いた娘に 「二-スの近くのジェノヴァという海辺の町」と答えた私
  昨年の夏休みは まだスケ-トをはじめていなかったので 頑張って2週間二-スの近くの臨海学校に送り出してあげました
  そこで毎日海で遊び バナナボ-ドなどで夏休みを満喫した娘
  しかし 娘の希望は ベニス
  一番大好きなフレンチコメディ-映画の冒頭に出てくるベニスの町並みが気に入った娘は ベニス ベニスと猛コ-ル

  「ベニスは遠すぎるから また今度ね」と言いながら 娘の前で ベニスのホテルに電話し 予約
  娘にはばれないように 頑張って思い出しながら イタリア語だけで話しました

  アオスタでミラノまでのバスチケットを購入し まずはミラノへ

  ミラノからベニスへの移動は 少し時間がかかるけれど 片道二人で26ユ-ロの一番安いものを前日ネットで検索済みだったので 地下鉄でドォ-モに出て 少しの間ミラノを散策することにしました

  
d0258462_474836.jpg


  
d0258462_484869.jpg


  
d0258462_495026.jpg


   ドォ-モのすぐ横にあるハンバ-ガ-屋さんで 景色を楽しみながら昼食

  
d0258462_4104965.jpg


  昼食後は もう一度ミラノに来れるように あの行事しなくちゃいけませんよね・・・・
  って よく見たら磨り減っていないし あ 間違えました・・・・・

  それでは気を取り直して 正しいほうで お得意の高速回転・・・・・・

  
d0258462_413572.jpg


  
d0258462_4141180.jpg


  なんか ヴィトンのイメ-ジ 斬新になりました これは日本人の方とのコラボで実現・・・・

  
d0258462_4144948.jpg


  
d0258462_4153624.jpg


  進級のお祝いに ミラネ-ゼになった気分でお買い物 今年は乗馬スタイルのパンツが流行っている
のかしら・・・?

  
d0258462_4171842.jpg


  
d0258462_4181955.jpg


  買い物ついでに ちょっと暑かったのでお洋服も着替えて なんちゃってお嬢様風?

  
d0258462_4191853.jpg


  ミラノ中央駅に移動し 切符を購入 駅の売店でお水などを購入し いざ乗車

  
d0258462_420277.jpg


  日本語読めないのに 写真を見ながら あそこにもここにも行きたいと 興奮する娘

  
d0258462_4212891.jpg


  この二人 顔のつくり瓜二つに見えませんか? 隣の方が 娘とお姉さん 私を見比べて
同じことを言っていました・・・・そのくらいのイタリア語分かるんだから・・・失礼ね------
  痩せていた時は 瓜二つだったのよ・・・・

  
d0258462_423464.jpg


  
d0258462_424198.jpg


  ベニスに到着した時は 既に夜・・・・ 着いた時に コメディ映画の冒頭の音楽 
「じゃんじゃ じゃんじゃん じゃんじゃ じゃんじゃん じゃんじゃ じゃんじゃん エイ」と言ったら
娘の顔が輝きました


  駅から近いホテルを予約していたので 歩いてホテルに行き 荷物を置いて夜の町に繰り出しました
  しかも この週末 ベニスではお祭りが開かれていました
  前日 下調べした時に お祭りがあることは分かったけれど 私の乏しいイタリア語能力ではどんな
お祭りなのかまでは分かりませんでした


  
d0258462_4315595.jpg


  ベニスのレストランは二重に税が取られる?ので 気軽に食べれるピザを購入
  1切れかなりの大きさで2ユ-ロを一人1枚ずつ
  食べながら カンツォ-ネが聞こえるほうに歩いて行きました

  
d0258462_434095.jpg
 

  
d0258462_435429.jpg
 

  お店のショ-ウェインド-も楽しみながら サンマルコ広場まで

  
d0258462_4361893.jpg


 映画に出てきた俳優さんたちがいないか どこで撮影が行われたか もう娘の好奇心が止まりません

  結局ホテルに戻ったのが深夜24時を回っていました

  しかし 翌日も朝7時前起き出した娘
  もう1泊止まることにして 朝からベニスの町を歩き回りました

  
d0258462_439870.jpg


  
d0258462_440617.jpg


  
d0258462_4405089.jpg


 「あらあなたの顔がこんな所に」と言ったら お尻思い切りはたかれた私・・・・もう既に
なってるでしょ・・・・・・

  
d0258462_4422236.jpg


  
d0258462_4433777.jpg


 こちらで 少し遅い100パ-セントジュ-スで朝食にすることに
 でも歩きながら飲みました

  
d0258462_444496.jpg


  
d0258462_4453860.jpg


  
d0258462_4462054.jpg


  どうぜ ここにきたのだから こんな衣装つけて 記念撮影したいなと思い お店の方に聞きましたが
貸衣装1日200ユ-ロとのこと・・・・・丸ひとつ少なくしてくれないかしら・・・・


  
d0258462_448683.jpg


  
d0258462_4485195.jpg


  教会は 本当に信仰心のなせる業なのか どこを見ても 本当に美の結晶でため息物です

  
d0258462_4502359.jpg


  こんなボ-トでまわるのも素敵ですね・・・・ 娘から却下が出ましたが・・・・・・

  
d0258462_4513472.jpg


  どの道を通っても どの家を見ても なんだか中世の時代に迷い込んだようで 素敵

  
d0258462_453054.jpg


  
d0258462_4533111.jpg


  サンマルコ広場に着きました ここに着たからには 中はいらなくちゃいけませんよね

  
d0258462_4552097.jpg


  
d0258462_4555729.jpg


  もちろん向かいの塔にも・・・・

  
d0258462_4564934.jpg


  
d0258462_4591429.jpg


  小さい娘が見えるようにと 抱っこして 柱の少し座れるスペ-スに乗せてあげたら
いきなり小悪魔モ-ド全開・・・・私もかなり頭にきて たくさん人がいるのに大喧嘩に発展・・・・

  
d0258462_512750.jpg


  せっかくお金出してきたのだから 小悪魔ほおっておいて 自分で景色楽しみましょう・・・・

  
d0258462_541862.jpg


  地上に下りたら 私が置いていかないようにと張り付いて離さない娘
  何とか私のご機嫌どりに走り始めました・・・・

  
d0258462_574827.jpg


  でも 朝から歩き尽くめで さすがに疲れていますよね・・・・・少し反省
  アカデミア橋を渡り 向かい側の島に渡ったところで 少し休憩タイム

  
d0258462_57295.jpg


  ス-パ-で購入したパンにサラミを挟んで 橋の上で食べました
  
  
d0258462_59149.jpg


  ゴンドラ と騒いでいた娘に サプライズプレゼント第二段 でもゴンドラ代は高いので
こちら 橋がない区間を通る時に使う乗り合いの渡し舟
  地元民は50サンチ-ムで観光客は2ユ-ロだから 私でも払えてしまいます

  豪華な椅子はないけれど この笑顔 疲れも一気に吹っ飛んだような大喜びで乗船

  
d0258462_5123277.jpg


  
d0258462_5133062.jpg


  しかし 船は娘の期待とは裏腹に すぐに反対側に着いてしまいました・・・・

  娘のショックはかなり大きく それならもう一度反対側行っちゃいますか?

  と 乗りのいい 船頭さんに下手なイタリア語で交渉して実現したのがこちら・・・・

  
d0258462_5161871.jpg


  少しの間だけ 舵を握らせて貰いました 妊婦さんも乗船していたので 少し心配でしたが
娘と同じ年のおこさんがいるという船頭さん  私の無理なお願い聞いてくれてありがとうございます

 あまり嬉しそうなので どうせならこのまま弟子にして しばらくの間 イタリアで稼いで来て下さい
 かなりぼったくると思うので 気をつけてくださいね・・・・・

  
d0258462_5192936.jpg


  魔法が消えて 一乗客に舞い戻り・・・でも最高に楽しそうな娘

  
d0258462_521499.jpg


  さあ お祭りの始まりです

  と思ったら トイレに行きたくなった娘
  しかし 娘お得意の影に入って と言うわけには行かない場所で 仕方なく 近くにあった
美術館のトイレに入ることに

  げ しかもその美術館15ユ-ロ た 高すぎる トイレ代に15ユ-ロ
  これは 相当いい美術館なのか-と思って見ましたが 正直がっかり・・・・
  ひとつひとつの部屋に係員さんがついているのに 私の興味をそそる作品ひとつもありませんでした・・・

  しかし 窓の外の大運河でお祭りが始まりました

  
d0258462_524568.jpg


  
d0258462_525591.jpg


  
d0258462_5253828.jpg


  
d0258462_5261270.jpg


  ゴンドラの大行進・・・・・・ただで見えるわけだけど 美術館の2階からなので 上から目線で見えて
しまいます

  まあ この特等席にお金を払ったと思うことにいたしましょう・・・・・・

  その後 私のほうがダウンしてしまい ホテルに帰り1時間ほど動くことができませんでした
  私が具合が悪い時は優しい娘
  お腹がすいているので 買って来たものを我慢して食べてくれました
  熱いシャワ-を浴びて復活した私
  駅で切符を購入して 夜のクル-ズに・・・・・

  
d0258462_5294467.jpg


  
d0258462_5302353.jpg


  
d0258462_5305517.jpg


  サンマルコ広場の近くまで乗船し また歩いて帰りました
  ホテルに帰宅したのが やはり深夜24時過ぎ・・・
  1日10時間も歩いてしまいました・・・・

  しかし 翌朝4時にホテルチェックアウトしなければいけません
  朝5時15分の電車に乗るのですが 朝4時から7時までホテルのフロントがしまってしまい
4時過ぎだと出れなくなってしまいます

  仕方なく娘をたたき起こし 駅へ向かいました
  しかし 閉鎖されており 駅前の階段で 私の膝枕で寝る娘 プチ野宿体験です・・・

  
d0258462_53561.jpg


  行きの電車の中で寝て ミラノに着いたのが朝9時くらい

  
d0258462_5355685.jpg


 朝マックをした後 中央駅付近を散策 100円ショップならぬ 50円ショップも発見
 しかし 一番の目的 イタリア製のスケ-ト靴 試着してみたかったのですが スポ-ツ店
みつからず仕舞いでした

  また出発ぎりぎりにバス停に着いた私たち・・・・・

  かなりハ-ドな旅になりました

  夏休みの思い出になってくれたかしら・・・・?
[PR]
by minuminukanon | 2012-09-08 05:38 | 子供と一緒に出かけよう