英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

タグ:シャモニ- ( 19 ) タグの人気記事

キッチン付きのホテル


今年の夏 シャモニ-に個人旅行を考えている方に お勧めのスタイルが キッチンつきのアパ-トに
 住んだつもりで滞在するスタイル

  

   グル-プや家族連れなら 宿泊代は若干高めだけど 毎日外食することを考えれば 安上がりになるのではと思います



   シャモニ-~約6kmはなれた町 といっても 宿泊者に無料で貰えるゲストカ-ドで 循環バスも
モンブランエキスプレスも シャモニ-へのアクセスは無料です

   レ ズッシュのクリスタルホテルは レ ズッシュ クリスタルホテルと検索してくれれば 私が作った
 日本語のホ-ムペ-ジを覗くことが可能です


   ここは 比較的大人数のグル-プ 2名から最高8から9名まで 一部屋キッチン付に対応しています

   バス停にも駅にも近く とにかくバルコンからの眺めが最高


   しかし 夜もエンジョイしたい方 やはりシャモニ-中心街がいいという方は シャモニ-ス-ドゥのバスの発着所前 マエバ

   こちらも近日中にオ-ナ-に頼んで 写真が撮れれば後々 ご紹介させて頂きたいと思います


   ここは 若者が多いので 運が悪いと騒音があるかもしれませんが 近くにス-パ-もあるし バ-やレストランもあるので便利


   そして日本食レストランさつきさんにも近い場所にある バルコンサヴォワ

   中央駅からまっすぐ伸びた道の左側を歩いて行き マクドの前で 無料のミニバスに乗ります

   さつきさんの前のバス停の次のバスていで下車 そこから徒歩2分


   
d0258462_151959.jpg
   

   この道の左奥に見える建物がそうです

   
d0258462_15195333.jpg


   
   ここの凄いところは 何と掃除の仕方にまでこだわりを持っているそう

   アレルギ-の方のために なるべく既存の洗剤などをさけ 埃にはオイルエッセンス そして窓拭きには
 酢を使用するというこだわり

   

   ここは開いていれば1日単位でも借りることが可能で 2人から 3人 4人部屋にキッチンが付いています


  しかも目の前 冬はスキ-場


  季節はずれは 羊の放牧場

 

  夏はパラグライダ-の発着場

  歩いて数分 私が一番好きなバルコンス-ドゥという登山道の入り口にたどり着きます


  別料金で スウェ-デン インド式など各種マッサ-ジも楽しめるというから 至れり尽くせり


  家族連れは どうしてもレストランには入りにくいから キッチンがついていると安心ですよね


  
d0258462_15281439.jpg



  
d0258462_1530398.jpg



  
d0258462_15314121.jpg



  この登山道 本当に住んでいる私が一番好きな場所で しかもあまり起伏が激しくないから 当時

 6歳だった娘でも 幾らでも歩けてしまいます


  しかもモンブランを初めとする 周辺の山の風景を最高に堪能できる登山道です

  この入り口まで歩いて数分というのが 一番の魅力

  
  しかも パラグライダ- 夏の間は 何十回もお部屋から 降りてくる迫力の風景を堪能できてしまいます

d0258462_15334969.jpg
 


  残念なことに レストランのメニュ- 英語訳はあっても 日本語訳のあるレストランはごく一部

  フランス語を話し 特別料理は知っている私でも 表現の仕方で 想像が付かない料理もあります


  しかも チ-ズにクリ-ム 生ハムにじゃがいも・・・・・美味しいけど 毎日はきついですよね

  贅沢に暮らした気分で 旅してみませんか?


  夏前までに キッチンで作れる特別料理 レシピから どの種類の材料が美味しく作れるか ご紹介

させて頂きたいと思います  

  
[PR]
by minuminukanon | 2013-03-15 15:39 | シャモニ-界隈お勧めの滞在先

クリスマスのお出掛け


  
  
d0258462_5461957.jpg


  12月24日 クリスマス 私たちは スイスの国境の町で開かれる クリスマスマ-ケットを見にアルマスまで下ることにしました

  アパ-トから ペランのバス停まで歩き 見えた景色です

  
d0258462_547401.jpg


 
  ここから1番のバスに乗り レ ズッシュまで下り 電車に乗り換えます

  
d0258462_5484154.jpg


  ボッソン駅手前からの車窓です 進行方向に向かい左側に座ります

  
d0258462_5494243.jpg


  レ ズッシュの市役所前で クリスマス市が行われていました
  これでいいかと娘にいいましたが 納得しない模様・・・・
 
  
d0258462_5574792.jpg


  少し戻ると この風景が堪能できます 下界では シャモニ-界隈で一番好きな眺めです

  
d0258462_5583759.jpg


  ここでは 子供向けピストと無料で使用できる野外のスケ-トリンクがあります もちろん貸し靴も無料
みたいですよ

  
d0258462_604567.jpg


  レ ズッシュ駅から 電車に乗り込んで撮った景色です

  下る際は レ ズッシュまでなら断然左 それ以降は進行方向に向けて右側の席に座るのがお勧めです

  
d0258462_623475.jpg


  セルボウズからの眺め

  
d0258462_632316.jpg


  サンジャルベレヴァンホアイエ駅が近くなったら 右側から見える景色

  さあ 駅に着きました 続編へ
[PR]
by minuminukanon | 2012-12-27 06:05 | 子供と一緒に出かけよう

湖面の芸術

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

    
d0258462_14323262.jpg


   土曜日に 娘のお友達の誕生日会があったため 娘をお友達の家に預け 私は秋晴れの中
 散歩としゃれ込みました
   彼女のお家は シャモニ-からスイス方面に向かう途中の町にあります

   メ-ル ドゥ グラスや  ラ フレジ-ルの真下あたりにあります

d0258462_14361921.jpg

   そして 湖とは言えない小さな池歩いて徒歩1分
   空気が澄み切っていて 湖面に写しだされた山々が 最高に素敵でした


d0258462_1437043.jpg


d0258462_14374652.jpg


d0258462_14382235.jpg
 

d0258462_14385163.jpg
  

 ちなみに 空の上には 鷲が羽ばたいていうような雲が掛かっていました
[PR]
by minuminukanon | 2012-10-23 14:39 | La Flégère

  続編

  本当にため息出てしまう これ 誰かただでプレゼント してくれないかな-・・・・・


  
d0258462_133371.jpg


  仕事で 料理長の趣味なのか いつも 何十年前の音楽?のラジオ聞かされています
  毎日同じ曲 何百回 いや 何千回聞いたでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  どうせなら アイポットではなく こんな古ぼけたラジオで聞きたいものですが・・・・
  これなら 料理長の音程はずれた歌でも きっと納得できるかもしれません
  後ろ壊れているし 万が一聞けたとしても だいぶ汚い音だろうから・・・・・・

  げ 壊れているのに この値段 料理長にプレゼントするのはやめました

  
d0258462_1337653.jpg


   綺麗だけど 値段見るのはやめときました どうせ手が出ないと分かっているから・・・・・

  
d0258462_1338111.jpg


   素敵なフォ-ム でも一軒家に住んでいるわけではないし お値段 私にはまるひとつ多すぎ・・・

  
d0258462_1340161.jpg


  2客で150ユ-ロ 4客なら欲しい一品ですが 同じ柄探すの 大変そうで断念 って椅子ありすぎるから・・・

  
d0258462_1341946.jpg


  娘の部屋のインテリアにしようとして 本人から却下されました・・・・・・

  
d0258462_13415828.jpg


  もう ものがいっぱいで 壁にこういう作り棚付けていくしかない娘の部屋 
  しかし これも本人却下

  
d0258462_13433522.jpg


  こちらの模様が素敵な小物入れ 18ユ-ロも 本人から却下されました

  
d0258462_13444944.jpg


  こちら 一番下のはさみ なんと100ユ-ロ

  
d0258462_13455729.jpg


  こちらのパ-ツはひとつ3ユ-ロ 最近物作る暇ないので 買うのやめました

  
d0258462_1346646.jpg


  アンティ-クボタンひとつ1ユ-ロ

  
d0258462_1349228.jpg


  
d0258462_13493961.jpg


  
d0258462_13502083.jpg


  
d0258462_1350467.jpg


  
d0258462_13514571.jpg


  
d0258462_13531228.jpg


  
d0258462_13534364.jpg


  私のテ-マ オレンジ色の小物入れ 何と35ユ-ロ 買えるわけありません・・・・・

  
d0258462_1355588.jpg


  
d0258462_13545834.jpg


   娘用のサイズみあたらずうなだれた私に 娘が一言 「もしあっても着るわけない」

  
d0258462_1357592.jpg


  戦争直後にイタリアの有名な方が書いた2冊 とても貴重な品だそうで 1冊40ユ-ロ
  中身は・・・・・

  
d0258462_13581726.jpg


  
d0258462_13584280.jpg


  
d0258462_1359664.jpg


  私好みのユ-モアあふれる絵で 塗り絵にしたいけど 丸ひとつ多すぎ・・・

  
d0258462_1412566.jpg



  
d0258462_1432879.jpg


  こちらは100年以上前の東京が紹介された新聞
  
  
d0258462_145463.jpg


  
d0258462_1451025.jpg


  
d0258462_1461595.jpg


  こちらは ロシアのモスクワ

d0258462_1464277.jpg


 
d0258462_1472919.jpg


  スペインの闘牛

 
d0258462_1481079.jpg


  どれもこれも素敵過ぎて わくわくしながら何回も会場を回ってしまいました
  しかし 手が届くものは殆どなく・・・・・


  今回は パリやリヨン様々な都市から 業者さんが出張販売していました
  しかし 観光シ-ズン真っ只中のシャモニ-ですが 皆さんの目的は山・・・・

  こんな晴れた日でないと蚤の市開けませんが 多くの方は 山の中に消え 業者さん悲鳴上げていました

  もうシャモニ-には来ないと言う方まで・・・・・

  後編で 私が実際に買ったものをご紹介させていただきます

  

 
  
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-18 14:11 | 蚤の市とリサイクルショップ

天国への架け橋 そのニ

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  続編 2

  
  
d0258462_14575668.jpg
 

  
  この登山道から モンブランやその周辺の山々の景色を堪能しながらハイキングしました

  

  
d0258462_1505281.jpg


  こちら 出だしは 石もあまりなく 歩きやすい道です 

  
d0258462_152861.jpg


  
d0258462_1525522.jpg


  登り始めて 5分もしないうちに この光景

  二つの大きな氷河のごつごつ感まで はっきりと見えてしまいます

  
d0258462_154177.jpg


  この時期 登山道には 山の恵みがたくさん

  タルト ミティ-ユ食べたくなってきました
  しかし リュックの中 探しても昨日入れたはずの ビニ-ル袋見当たりません
  さては 小悪魔 私のリュック荒らしたな・・・・・
  え-い 口の中に閉まってしまえ としばらく 山の恵みを 頂戴することに・・・

  
d0258462_157733.jpg


  登山再開 ここからは 写真でご紹介させていただきます
  一緒にハイキングしたつもりで 疑似体験お楽しみください

  
d0258462_1581682.jpg


  
d0258462_1585176.jpg


  
d0258462_1510218.jpg


 
d0258462_1511408.jpg


d0258462_15122017.jpg


 
d0258462_15142052.jpg


 
d0258462_1515219.jpg


 
d0258462_1515485.jpg


d0258462_15162770.jpg


 初心者の方でも お子様でも ここまでなら 十分楽しめる登山道です

 この先は ちょっときつくなりますが 娘も既に昨年6歳児に通った道・・・と言っても 普通の6歳児では
ないので 基準にはしないでください 1日8時間以上 山の中歩けてしまうタフな子です

 私は この分岐点を右に行きました ここから 後少し行った場所は かなり危険な箇所が多々あります
 天国への架け橋と言ったのは 景色もパラダイスですが 一歩間違えれば 本当に天国行ってしまいます

 
d0258462_15202638.jpg


 
d0258462_1521476.jpg


d0258462_15295491.jpg


d0258462_15415271.jpg


 モンブラン エギュディミディも はっきりと見えます

 
d0258462_15341275.jpg


 今度は 向かい側の この登山道挑戦しようと思います
 氷河の左側はおととし 娘が5歳の時に一緒に登りました
 右側の登山道は 冬娘とスキ-で滑り降りた場所です
 この右側 こちらから確認すると 氷河の真下までつながっているようなので ここに登りたいと思います

d0258462_1542457.jpg


 少し 危ない道に差し掛かってきました

d0258462_15451589.jpg


 この岩が見えたら 初心者やお子様連れは 引き返したほうが無難かも・・・・
 娘は通りましたが たまにお子様も見ますが ここから先はかなり危険です

d0258462_1547460.jpg


 この岩に 果敢に挑戦している人たち 私も混ぜてくれないかしら・・・猿娘の親の私も やはり猿?

 
d0258462_15482192.jpg


 
d0258462_15493458.jpg


 やってきました この岩を過ぎたら 登山道は こんなほぼ垂直な階段の連続です
 中には 岩の細い上を歩かなければいけない場所もあり 本当に危険です

 長くなりましたので この先の危険な道は 続編へ
 心臓に問題がある方は この先見るだけで 怖いかも・・・・・・
 でも 景色は 本当に最高です

 

 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 15:51 | 子供と一緒に出かけよう

天国への架け橋 その一

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_623997.jpg
 

  
 今週は ハイキング日和の快晴が続く ここシャモニ-
 昨日は仕事が休みだったので 娘をスケ-ト合宿に送った後 即山へと向かった私
 12時からレッスンが始まるため 午前中は出かけられず 本来なら午後14時に一旦レッスンが終わるので
迎えにいかなければならなかったのですが お友達のお母さんが 娘が一緒に遊びたいと言ってるから家で預かっていいと言って下さいました

 
d0258462_635881.jpg


 モンブラン広場に戻り バスの時刻表を確認した後 行き先を決定
 1番のバスに乗り 数日前に行った場所に舞い戻りました
 先日は レッスン後迎えにいかなければならなかったため 後ろ髪ひかれつつ 断念した登山道
 しかし 二日間 飼い猫の発情期のため 丸一睡もしていない私は ふらふら状態
 でも 一旦山の中に入ると 止めることできません・・・・

 
d0258462_692339.jpg


 一番のバスの終点一歩前の駅で降り 小さなお花が咲き乱れる集落に下っていきます

 
d0258462_6105048.jpg


d0258462_6112648.jpg


 集落の奥のほう 右側に見えるこの家の脇に登山道への入り口があります

 
d0258462_6125146.jpg


 
d0258462_6131274.jpg


 
d0258462_6134421.jpg


d0258462_6142320.jpg


 
d0258462_615926.jpg


 
d0258462_6155215.jpg


 ここまでの所要時間 10分ほど
 この道の向かい側の登山道を登ることにしました


 ここまでの道は 初心者の方でも お子様連れでも 十分景色を堪能できながら楽しめる場所です

 雷が近づいてきました
 怖いので 続きは また今度更新します
 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 06:18 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

  
  シャモニ-界隈で 子供と一緒に また初心者向けのハイキングに最適なコ-スをご紹介させて頂きます

  この日は 残念ながら 景色を撮影するには向いてなかった日 しかし晴れている日にお散歩するのは
とても楽しいコ-スです

   
d0258462_1558994.jpg



  シャモニ-市内から1番の ル トゥール行きのバスで アルジェンティを過ぎ Montroc SNCF駅で降ります
  もちろん モンブランエキスプレスでも この駅で下車することは可能です
  しかし 今は シャモニ-市内から マルティニ方面の路線の工事中なので 代替のバスが出ています
  もしかしたら 代替のバスでは この駅で降りれない可能性もあります

  このMontrocという小さな集落 お花が咲き乱れていて 山の景色も氷河がひときわ長く見渡せ とても
可愛らしい町で 春夏秋冬娘と散歩しています

  駅を降りてからの風景を 順に写真でご紹介させていただきます
  一番上の写真は 途中から見える景色です

  
d0258462_1661094.jpg


  バス停から  徒歩20秒で鉄道駅に

  
d0258462_167995.jpg


  ピンク色の建物が駅

  
d0258462_168725.jpg


 バス停から 駅とは反対側に歩いて20秒
 氷河が顔を覗かせています

 
d0258462_169318.jpg


 拡大すると こんなにごつごつしています

 
d0258462_1694645.jpg


 今日は この駅のすぐ横の道を入って ハイキングしてきました

 
d0258462_161115.jpg


 ここ晴れていて 電車が通っていれば 山をバックに写真撮影するには 絶好のポイント

 
d0258462_16123059.jpg


 この二股道 進行方向に向けて右側を選択します

 
d0258462_16134589.jpg


 少し なだらかな坂を下ると 可愛らしい集落に入ってきました

 
d0258462_16145070.jpg


d0258462_16152432.jpg


 この二軒 いつ見てもお花で埋め尽くされています

 
d0258462_16163051.jpg


d0258462_1617480.jpg


d0258462_16173956.jpg


d0258462_1618769.jpg


 こんな景色の良いところに住めたら 素敵ですね

 
d0258462_1619040.jpg


d0258462_16201111.jpg


 集落のだいぶ奥 進行方向に向けて右側のこの家の脇に登山道があります

 
d0258462_16211067.jpg


 この日は この登山道をお散歩することにしました
 娘と一緒に行きたかったのですが 夏休み中 フィギュアスケ-トの特別合宿に参加中
 先生が練習見るの好きではないので 3時間のレッスン中に気軽にお散歩できるコ-スを選択しました
 後日 娘を連れて行きたいと思います

 
d0258462_1625185.jpg


 ハイキングと言っても この登山道かなりなだらかな坂ですので 子供でも初心者でも十分登れちゃいます
 しかし サンダルなんて厳禁
 岩がごつごつしていないので 足をくじいたりする危険少ないけど 砂で滑る危険はあります
 高校生くらいのフランス人の子がサンダルでのぼり お父さんにしがみついていました
 親は何しているの?と思ったけど 日本でも上高地 ハイヒ-ルや革靴で散歩している方見かけたので
あまり言えないかな? 上高地を散歩したことがあるフランス人に 日本人山に行くのに なぜあんな括弧しているのか理解できないと言われたことがあるけど 私も理解不能

 
d0258462_16303394.jpg


 
d0258462_16311071.jpg


d0258462_16322867.jpg


 小高い丘の上に また新しい集落が見えてきました

 
d0258462_1633196.jpg


 ロバさんも気持ちよさそうに草食べています

 
d0258462_16341950.jpg


d0258462_16345288.jpg
d0258462_16351881.jpg
d0258462_16362978.jpg


遊び心いっぱいの可愛らしいお家

 
d0258462_16381990.jpg


d0258462_16382777.jpg


d0258462_16385586.jpg


 車がいっぱいで 人の声で賑わっていた山小屋

 この前に二股に分かれた道があります

 私は右側を選択

 
d0258462_1640375.jpg


d0258462_16403716.jpg


 この家住めたら 最高にピンク色に染まる氷河の景色堪能できそう

 
d0258462_16415565.jpg


 後ろ振り返ると こんな感じ

 
d0258462_16425865.jpg


 
d0258462_16433927.jpg


 21番のバスで Le Col DES Montets行きのバスのバス停に出てきました
 ここから歩いて15分で Le Col DES Montesに着きます

 しかし この出てきた道を横断すると斜め前に登山道の入り口

d0258462_16472695.jpg


 こちらを登っていけば ラックブロンにつきます
 この登山道 大変景色が綺麗だと聞いているので 仕事が休みの今日トライしようと思ったら雨・・・・・・


 この日は 娘のお迎えもあり 先ほどの登山道を途中まで戻り 更に違う登山道を使いアルジャンティまで
降りてバスに乗りました

 バスが中々来なかったので 娘は20分スケ-ト場で待っていたため かなり不機嫌
 アルジェンティのパン屋で 娘の大好物のド-ナツを10個購入
 争って食べてしまいました

 写真たくさんあるので アルジェンティまでのコ-スは 後日掲載します

 全ての行程が1時間弱 写真撮りまくりでも 気軽にハイキングできる行程でした 
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-28 16:51 | 子供と一緒に出かけよう

  きのこと言うと 日本では秋というイメ-ジが強かった
 
  しかし 標高が高い フランスのシャモニ-では 今が盛ん

  春に フランス食材の中でも 高級食材に数えられる Morilles という一見変わった風貌のきのこが
 まず取れる
  見た目は ぼつぼつと穴が開いていて なんだか毒々しい

  こちらのきのこは 生クリ-ムと合わせてソ-スにすると 濃厚な味がして 物凄く美味しい
 
  私も大好きで こちらは 乾燥したものを常にストックし フランス料理を作る際は 使うことが多い

  そして 今の時期 一番メインなのが こちらのオレンジ色のきのこ
  
  
d0258462_1661575.jpg


  日本でもとれるから 分かりやすい

  先日 きのこ狩りの名人に付き添ってもらい 一緒に険しい崖を上って行きました
  彼女は70歳を越しておりますが 何度もモンブラン登頂経験がある スポ-ツウ-マン
  今でも だんな様と大変仲が良くて キャンピングカ-でフランス国内を旅行中

  私よりも 軽やかな足取りで どんどん険しい崖を登っていきます
  私一人で行こうとしたのですが 私一人だと毒キノコしか取れないからと・・・・・

  
  
d0258462_1693734.jpg
 

  確かに 一人だと いつも大漁だと言って 持ち寄ったきのこは 全て毒・・・・
  毒キノコだけに目がいってしまいます

  
d0258462_161114.jpg
 

  彼女の指導の下 こちらが全て食べれるきのこ
  彼女のとった分まで 全ておすそ分けしてくれました

  そして家に帰り 早速 きのこ料理

  
d0258462_16123230.jpg


  フレンチ風に にんにくとパセリのみじん切りをオリ-ブオイルで炒め そこにきのこを入れ
隠し味にバタ-を少し 味付けはシンプルにあら塩で・・・

  とっても美味しいきのこ料理ができました
  市場で買えば 1kgあたり30ユ-ロ
  夏中 娘と大漁にきのこ狩りして 売ったほうがお金儲かりそう・・・・

  ちなみに 日本とは違う種類のものも多々あるし 根にかけて広がっているのが毒というわけ
ではないので きのこ狩りをこちらで楽しみたい方は きのこごとに袋を分けてかり 薬局に行って
見極めてもらってください

  シャモニ-市内の教会の近くの大きな薬局 黒縁のめがねの紳士が きのこを見極めるエキスパ-ト
です
  見極め料はただです


  ちなみに 白雪姫などで出てくる 赤いところに白いドットのきのこは 猛毒なので 触らないように気を
つけてください
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-15 16:18 | シャモニ-での生活

 私の働いている レストランの昨夜のスペシャルメニュ-
 同僚たちに 暇がある時 写真撮ってとお願いしたら こんなメニュ-が完成していました

 一名様限定 本人に確認していませんが それも若い独身の女性限定です

  
d0258462_1714321.jpg


 かなり面食いの26歳料理長は ノルマンディ地方の出身
 1年前からシャモニ-に来たそうです
 と勝手に宣伝しておいて 彼女いるのか確認していません
 私は このスペシャルメニュ-食す気はないので 誰か興味のある方 いませんか?
 この間 日本で 男性の××食べた方たち いったいどうなったのでしょう?
 周囲の人に言ったら 私が包丁持つたびに 周囲引いていきます・・・

 私は食べる気も料理する気もないけど・・・・
 
 豚肉や牛肉は 日本産とはまるで味も違います
 霜降りの好きな私たちに対し 欧米人は脂身嫌いです
 だから焼肉でも きちんと焼かないといけない豚肉は 硬くなってしまい・・・・・日本産が恋しいよ-・・・・
 人間でも フランスと日本 味が違うのかしら?絶対に試したくないけど・・・・・


  この後は 普通のメニュ- 
  しかし フランス人 写真の撮り方 下手すぎ・・・・

  
d0258462_1743321.jpg


  
d0258462_1745885.jpg


  
d0258462_1710713.jpg


 
d0258462_1710444.jpg


  
d0258462_1711758.jpg


  シャモニ-駅から 徒歩1分の レストラン La Flambée
良かったら 食べにきてください

  
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-12 17:12 | La Flambée

  シャモニ-中心街の駅から 徒歩1分の 今年の夏の私の職場の同僚たち

  
d0258462_1155542.jpg



  もう二人かけていますが こちらのメンバ-で 皆様をお迎えします

  今日は お昼も かなり寂しい客足でした
  皆さん 山に登っているから 仕方ありませんが・・・・

  一番右端の お花に埋もれているのが 料理長
  会計までしてしまう 凄腕

  もし良かったら 食べに来てください

 
d0258462_1185826.jpg


 
d0258462_119384.jpg

[PR]
by minuminukanon | 2012-07-04 01:20 | La Flambée