英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

タグ:モンブラン ( 8 ) タグの人気記事


d0258462_621336.jpg


 
 
d0258462_6253581.jpg





 働いているホテルの近くから見える 冬の大絶景

  
[PR]
by minuminukanon | 2015-01-25 06:26 | Les Houches

天国への架け橋 そのニ

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


  続編 2

  
  
d0258462_14575668.jpg
 

  
  この登山道から モンブランやその周辺の山々の景色を堪能しながらハイキングしました

  

  
d0258462_1505281.jpg


  こちら 出だしは 石もあまりなく 歩きやすい道です 

  
d0258462_152861.jpg


  
d0258462_1525522.jpg


  登り始めて 5分もしないうちに この光景

  二つの大きな氷河のごつごつ感まで はっきりと見えてしまいます

  
d0258462_154177.jpg


  この時期 登山道には 山の恵みがたくさん

  タルト ミティ-ユ食べたくなってきました
  しかし リュックの中 探しても昨日入れたはずの ビニ-ル袋見当たりません
  さては 小悪魔 私のリュック荒らしたな・・・・・
  え-い 口の中に閉まってしまえ としばらく 山の恵みを 頂戴することに・・・

  
d0258462_157733.jpg


  登山再開 ここからは 写真でご紹介させていただきます
  一緒にハイキングしたつもりで 疑似体験お楽しみください

  
d0258462_1581682.jpg


  
d0258462_1585176.jpg


  
d0258462_1510218.jpg


 
d0258462_1511408.jpg


d0258462_15122017.jpg


 
d0258462_15142052.jpg


 
d0258462_1515219.jpg


 
d0258462_1515485.jpg


d0258462_15162770.jpg


 初心者の方でも お子様でも ここまでなら 十分楽しめる登山道です

 この先は ちょっときつくなりますが 娘も既に昨年6歳児に通った道・・・と言っても 普通の6歳児では
ないので 基準にはしないでください 1日8時間以上 山の中歩けてしまうタフな子です

 私は この分岐点を右に行きました ここから 後少し行った場所は かなり危険な箇所が多々あります
 天国への架け橋と言ったのは 景色もパラダイスですが 一歩間違えれば 本当に天国行ってしまいます

 
d0258462_15202638.jpg


 
d0258462_1521476.jpg


d0258462_15295491.jpg


d0258462_15415271.jpg


 モンブラン エギュディミディも はっきりと見えます

 
d0258462_15341275.jpg


 今度は 向かい側の この登山道挑戦しようと思います
 氷河の左側はおととし 娘が5歳の時に一緒に登りました
 右側の登山道は 冬娘とスキ-で滑り降りた場所です
 この右側 こちらから確認すると 氷河の真下までつながっているようなので ここに登りたいと思います

d0258462_1542457.jpg


 少し 危ない道に差し掛かってきました

d0258462_15451589.jpg


 この岩が見えたら 初心者やお子様連れは 引き返したほうが無難かも・・・・
 娘は通りましたが たまにお子様も見ますが ここから先はかなり危険です

d0258462_1547460.jpg


 この岩に 果敢に挑戦している人たち 私も混ぜてくれないかしら・・・猿娘の親の私も やはり猿?

 
d0258462_15482192.jpg


 
d0258462_15493458.jpg


 やってきました この岩を過ぎたら 登山道は こんなほぼ垂直な階段の連続です
 中には 岩の細い上を歩かなければいけない場所もあり 本当に危険です

 長くなりましたので この先の危険な道は 続編へ
 心臓に問題がある方は この先見るだけで 怖いかも・・・・・・
 でも 景色は 本当に最高です

 

 
[PR]
by minuminukanon | 2012-08-02 15:51 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

  
  シャモニ-界隈で 子供と一緒に また初心者向けのハイキングに最適なコ-スをご紹介させて頂きます

  この日は 残念ながら 景色を撮影するには向いてなかった日 しかし晴れている日にお散歩するのは
とても楽しいコ-スです

   
d0258462_1558994.jpg



  シャモニ-市内から1番の ル トゥール行きのバスで アルジェンティを過ぎ Montroc SNCF駅で降ります
  もちろん モンブランエキスプレスでも この駅で下車することは可能です
  しかし 今は シャモニ-市内から マルティニ方面の路線の工事中なので 代替のバスが出ています
  もしかしたら 代替のバスでは この駅で降りれない可能性もあります

  このMontrocという小さな集落 お花が咲き乱れていて 山の景色も氷河がひときわ長く見渡せ とても
可愛らしい町で 春夏秋冬娘と散歩しています

  駅を降りてからの風景を 順に写真でご紹介させていただきます
  一番上の写真は 途中から見える景色です

  
d0258462_1661094.jpg


  バス停から  徒歩20秒で鉄道駅に

  
d0258462_167995.jpg


  ピンク色の建物が駅

  
d0258462_168725.jpg


 バス停から 駅とは反対側に歩いて20秒
 氷河が顔を覗かせています

 
d0258462_169318.jpg


 拡大すると こんなにごつごつしています

 
d0258462_1694645.jpg


 今日は この駅のすぐ横の道を入って ハイキングしてきました

 
d0258462_161115.jpg


 ここ晴れていて 電車が通っていれば 山をバックに写真撮影するには 絶好のポイント

 
d0258462_16123059.jpg


 この二股道 進行方向に向けて右側を選択します

 
d0258462_16134589.jpg


 少し なだらかな坂を下ると 可愛らしい集落に入ってきました

 
d0258462_16145070.jpg


d0258462_16152432.jpg


 この二軒 いつ見てもお花で埋め尽くされています

 
d0258462_16163051.jpg


d0258462_1617480.jpg


d0258462_16173956.jpg


d0258462_1618769.jpg


 こんな景色の良いところに住めたら 素敵ですね

 
d0258462_1619040.jpg


d0258462_16201111.jpg


 集落のだいぶ奥 進行方向に向けて右側のこの家の脇に登山道があります

 
d0258462_16211067.jpg


 この日は この登山道をお散歩することにしました
 娘と一緒に行きたかったのですが 夏休み中 フィギュアスケ-トの特別合宿に参加中
 先生が練習見るの好きではないので 3時間のレッスン中に気軽にお散歩できるコ-スを選択しました
 後日 娘を連れて行きたいと思います

 
d0258462_1625185.jpg


 ハイキングと言っても この登山道かなりなだらかな坂ですので 子供でも初心者でも十分登れちゃいます
 しかし サンダルなんて厳禁
 岩がごつごつしていないので 足をくじいたりする危険少ないけど 砂で滑る危険はあります
 高校生くらいのフランス人の子がサンダルでのぼり お父さんにしがみついていました
 親は何しているの?と思ったけど 日本でも上高地 ハイヒ-ルや革靴で散歩している方見かけたので
あまり言えないかな? 上高地を散歩したことがあるフランス人に 日本人山に行くのに なぜあんな括弧しているのか理解できないと言われたことがあるけど 私も理解不能

 
d0258462_16303394.jpg


 
d0258462_16311071.jpg


d0258462_16322867.jpg


 小高い丘の上に また新しい集落が見えてきました

 
d0258462_1633196.jpg


 ロバさんも気持ちよさそうに草食べています

 
d0258462_16341950.jpg


d0258462_16345288.jpg
d0258462_16351881.jpg
d0258462_16362978.jpg


遊び心いっぱいの可愛らしいお家

 
d0258462_16381990.jpg


d0258462_16382777.jpg


d0258462_16385586.jpg


 車がいっぱいで 人の声で賑わっていた山小屋

 この前に二股に分かれた道があります

 私は右側を選択

 
d0258462_1640375.jpg


d0258462_16403716.jpg


 この家住めたら 最高にピンク色に染まる氷河の景色堪能できそう

 
d0258462_16415565.jpg


 後ろ振り返ると こんな感じ

 
d0258462_16425865.jpg


 
d0258462_16433927.jpg


 21番のバスで Le Col DES Montets行きのバスのバス停に出てきました
 ここから歩いて15分で Le Col DES Montesに着きます

 しかし この出てきた道を横断すると斜め前に登山道の入り口

d0258462_16472695.jpg


 こちらを登っていけば ラックブロンにつきます
 この登山道 大変景色が綺麗だと聞いているので 仕事が休みの今日トライしようと思ったら雨・・・・・・


 この日は 娘のお迎えもあり 先ほどの登山道を途中まで戻り 更に違う登山道を使いアルジャンティまで
降りてバスに乗りました

 バスが中々来なかったので 娘は20分スケ-ト場で待っていたため かなり不機嫌
 アルジェンティのパン屋で 娘の大好物のド-ナツを10個購入
 争って食べてしまいました

 写真たくさんあるので アルジェンティまでのコ-スは 後日掲載します

 全ての行程が1時間弱 写真撮りまくりでも 気軽にハイキングできる行程でした 
[PR]
by minuminukanon | 2012-07-28 16:51 | 子供と一緒に出かけよう
Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報

 
d0258462_2584030.jpg


 今日は 日本の観光ツア-の定番 エギュディミディへの旅

 個人で行かれる方は チケットを購入するのに 一時間待ちすることも多々
 滞在先のホテルで買えるチケットもあるので 時間を節約したい方は ホテルで購入する
ことをお勧めします

 
d0258462_312841.jpg


 子供だけでなく 大人も掛かりやすいのが 中耳炎 
 かなりのスピ-ドで登っていくため 耳が痛くならないように ガムを噛んで登ることをお勧めします

 
d0258462_324490.jpg


 
d0258462_335023.jpg


 第一展望台
 ここで写真を撮っていると 乗り換えの便が行ってしまう事もあります
 降りる時に 時間をとることをお勧めします

 ここを少し 上に歩くと 大変見晴らしの良いレストランもあります
 行きは ロ-プウェイで 帰りはここから歩いても良いのでは?

 また ここから10分ほど下った場所に 宿泊可能な山小屋があります
 観光案内所手前 教会の隣にある 山の案内所で山小屋のリストがもらえます
 私が以前泊まった時には宿泊費10ユ-ロに 朝食と夕食が20ユ-ロでした
 トイレは 外に併設されているため 夜は懐中電灯が必須です
 消灯時間もかなり早いですが 毛布に包まり 外で 星空を長いこと眺めていました
 混雑時には もちろん相部屋になります
 かなり大き目の二段ベットだから 知らない方と 同じベットに寝る可能性もあります

 
d0258462_345498.jpg


 
d0258462_36959.jpg


 
d0258462_371358.jpg


 
d0258462_381332.jpg


 
d0258462_39537.jpg


 
d0258462_3101323.jpg


 
d0258462_312299.jpg


 頂上に到着
 かなり長い階段を登り 展望台にあがります
 早くも 高山病でしょうか?

 
d0258462_313158.jpg


 
d0258462_314254.jpg


 
d0258462_3151858.jpg


 
d0258462_3161543.jpg


 
d0258462_317038.jpg


 
d0258462_3174568.jpg


 
d0258462_3183898.jpg


 
d0258462_3214298.jpg


 
d0258462_3235919.jpg
 

 夏でも上は かなり冷え込むので 暖かい装備は必須です

 この続きはまた今度 
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-13 03:36 | Aiguille du Midi

d0258462_883522.jpg


  
d0258462_89381.jpg


  
d0258462_8104359.jpg


  この日は 朝から 快晴で 絶好のハイキング日和
  しかし 市のスポ-ツセンタ-で 各スポ-ツ教室などで 一年間習いたい人は
登録をしなければいけない日だった
  定員をオ-バ-すれば 習うこともできないので 朝から娘とスポ-ツセンタ-へ
急いで歩いていった
  この距離 既に3つの駅分
  毎日歩いているから 何てことはない

  フィギュアスケ-トと機械体操に登録した娘
  年間の授業料が 各スポ-ツごと 大体170ユ-ロ
  学校の夏休みなどの期間中は レッスンがないけど 日本で習い事をするより 
遥かに安い気がする
  娘は ロッククライミングと水泳 テニスもやりたいと言ったが 幾ら安くてもいっきに
払うのは無理
  しかも レッスン日が重なっていたり 冬のスキ-シ-ズンは 送り向かいもできるか
分からない

  それに テニスなら 元インストラクタ-の私 他の人にレッスン代を払わなくても
十分教えることができる

  登録を終え サンドイッチの材料を買って スポ-ツセンタ-から歩いて ル プラへ
  そこから ロ-プウェイに乗り ラ フレジールへ
  ラ フレジ-ルで 昨年働いていたため ただで乗せてもらえた
  ロ-プウェイ管理会社の ラ フレジール責任者 フィリップは 私のことがお気に入り
  普段 手料理を度々 皆に差し入れし 飼いならしている・・・って言ったら 失礼?

  私を見たフィリップは リフトにも乗りたいか 聞いてくれた
  即答でうなずいた私に すぐリフトの管理者に電話をかけてくれた
  高速リフトに乗り 更に中腹へ

  
d0258462_8251160.jpg


  
d0258462_826345.jpg


  
d0258462_8275527.jpg


  ここで やめておけば 何の問題もなかったのに・・・・・

  あまりに気持ちよすぎて ラックブロンにいきたかった私たち
  お昼も過ぎているのに 時間も考えずに 無謀にも娘とハイキングを始めた・・・

  
d0258462_830496.jpg


  
d0258462_8312183.jpg


  
d0258462_8325394.jpg


  
d0258462_8352161.jpg


  何て 素敵な登山道 本当にため息が出てしまう・・・・
  ここに 家を建てて 住めたら 最高なのに・・・・

  
d0258462_8375361.jpg


  
d0258462_84007.jpg


  
d0258462_841883.jpg


  
d0258462_842057.jpg


  
d0258462_8425174.jpg


  
d0258462_8434296.jpg


  
d0258462_8443071.jpg


  時間を考えずに あまりにはしゃぎすぎて 知らず知らずのうちに登山道から
はずれてしまった私たち
  気がついたら 崖の上
  無謀にも 降りて渡ろうとした私
  とりあえず 娘に待っててと 荷物を置き 崖を命綱なしにおりはじめた・・・
  って かなりの岩で 滑るし ほぼ直角
  これは 無理だと諦め 登山道を探すことに・・・・
  
  
d0258462_8502930.jpg


 ようやく 見つけた 登山道 
 しかし 迷うのは 私ぐらい・・・?

  
d0258462_8524329.jpg


  
d0258462_8532816.jpg


  
d0258462_8553246.jpg


  
d0258462_8593778.jpg


  
d0258462_905623.jpg


  
d0258462_914026.jpg


  
d0258462_922045.jpg
 

  ようやく たどりついた 憧れの地 ラックブロン
  本当に ここへの登山道は 最高の眺めを堪能できる
  こんなに晴れていたら きっと 綺麗な夕焼けが拝めるはず
  しかも 着くのに かなりの時間を有してしまった
  今から 戻っていたら 遭難してしまうかもしれない・・・
  今日は ここに泊まりたいと思った私
  季節はずれだし きっと大丈夫と思い 聞いたら 今日は満員とのこと
  この後 6歳の娘には 過酷過ぎる戦いが始まった・・・・
  この続きは また今度
  
           
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-07 09:06 | La Flégère

  
d0258462_654350.jpg


  こちらは 赤い電車が可愛らしい モンブランエキスプレスの駅 アルジェンティ-
 
  シャモニ-から スイスのマルティニ方面に向かう途中駅

  シャモニ-界隈のホテルに宿泊した方が貰えるゲストカ-ドで 無料で電車やバスが
乗り放題なので かしこく利用して 大きな大雪渓を見に行きましょう・・・

  1番の ル トゥール行きのバスでも この駅前で下車が可能
  夏はよく 電車やバスを利用して この町でおり このぷらっとフォ-ムでお昼を食べる
私たちお気に入りの場所

  シャモニ-界隈のスキ-場の中では 一番の広大な面積と雪質を誇ります
  だから 夏以上に 冬場は一番人気のスキ-場

  
d0258462_6121174.jpg


 昨年 ちびの私が使えるスキ-を シャモニ-市内のスポ-ツ店を巡り 探したけど
ちびすぎて 自分のサイズが見つからなかった私
 オランダ人の友人 カチンカは たった3cm 私より大きいだけなのに 彼女のサイズは
あったというのに・・・・・

 私のサイズは 子供サイズ 安くてラッキ-と思ったら かなりの体重オ-バ-で
お店の方が あなたが乗ったら 壊れるかも・・・・って 正直すぎる・・・・・

 ようやく一年かけて 見つかった私のサイズ
 会社から 本来なら12日分貰えるスキ-券 思い切り利用したかったけど 今シ-ズン
仕事がハ-ドすぎて 休みはダウン

 契約期間が切れてから 思う存分使おうと思ったら 上司が他の同僚に無断であげてし
まった・・・・
 おかげで 私の分は たったの2日分

 
d0258462_619055.jpg


 ようやく 2年目にして 娘をスキ-場に連れてきてあげることができました
 シャモニ-の学校に通う子は 一年間の共通フリ-パスが たったの75ユ-ロで購入
可能です
 共通券は エギュディミディやモントンベ-ル鉄道まで 網羅するから 大変お買い得
 シャモニ-の生活物価は かなり高いけど こういう点は 断然優遇されています

 
d0258462_624832.jpg


 こちらの学校では 毎年 1週間以上 スキ-の課外授業があります
 ご両親がスキ-のインストラクタ-なんて子はざらにいて 皆ものすごく上手
 1歳の頃から 大雪が降ると 朝5時から 雪かきしながら 庭でゲレンデのようなものを
作り プラスティックのスキ-板を履かせていた娘
 しかし スキ-場に連れて行ったことはなく 正直 学校の課外授業だけではどこまで
滑れるのか心配でした

 しかも 私自身が 基礎を知りません
 3歳くらいから スキ-を始めた私
 しかし スポ-ツ万能な母は 自分が滑りたい一心で 私を連れて行くからと怖い姑に
言い聞かせ 連れて行ってくれたはいいけど 後でねという感じで 自分で滑っていた・・・

 だから 人の滑っているのを見て覚えた 自己流のスキ-
 上級者コ-スしか滑らないけど 人にどうやって教えてよいものやら・・・
なんて 心配 まったくなかった
 は 早い・・・・ しかも 基礎がちゃんとなっている

 娘自身 滑るのは久しぶりで 最初は怖かったみたいだけど 一度下に滑った後は
ママついて来てと 逆に一人で どんどん滑り出す

 
d0258462_6325893.jpg


 私自身 妊娠してから まったくご無沙汰していて かなり太ったので 少々怖かった
 だけど 怖いもの知らずの娘
 スキ-教室1日目にして インストラクタ-から上のクラスに移るように言われ 更に
その上のクラス1日目で また他のインストラクタ-から 更に上のクラスに移るように
言われたという娘の言ったこと うそではなかったようだ・・・

 わが子ながら 桁外れの運動神経に驚かされる
 正直 スキ-だけでなく 他のスポ-ツも この界隈でスポ-ツ万能な子が多い中でも
娘は桁はずれの運動神経で 周囲から毎日のように 野生のさるみたいと言われる・・・
 喜んでよいものやら その表現 怒ってよいものやら・・・でも まさに野生のさる・・・

 フィギュアスケ-トを観るのが大好きな私
 しかし 自分では あんな靴で どうやって氷の上に立つのか 神経が分からない
 小学校の授業でよくやったが 毎回何度も転んで 絶対やらないって誓った
 うるさくせがむ娘に しぶしぶスケ-ト場に連れて行き 安全バ-を使い 一人でやりな
って まるで 私の母そっくりのことを娘にしている気がする
 しかし 初日から まったく安全バ-も必要のない 滑り
 娘を見ていた シャモニ-のスケ-ト場のオ-ナ-が 絶対にクラブに登録してあげなさい
チャンピオンになれるから と一日目にして太鼓判をおしてくれた

 通う度に クラブに入会を勧められ 昨年10月 週一で習い始めた娘
 初日から30人いるクラスの中で ダントツのトップ
 習い始めて2ヶ月少しで 一人だけ異例のクラス替え
 そして あっという間に 2年以上習っている子達を抜き去り 競技会にも出るように・・・
 周囲のお母様方も 最初は異例のクラス替えに先生にまで文句を言う始末だったが 自分の
娘ができない業を 娘がこなしてしまうため 今ではすっかり認めてくださっている
 今 工事中で閉まっているスケ-ト場
 再開したら 更に上のクラスに昇進する娘 これから毎月レッスン代を払わなければいけない
ので 出費がかさみ 財布の中身を見るのが怖い・・・・

 器械体操も習い始めて1ヶ月で 上のクラスに変更になった娘
 残念ながら 私の仕事が忙しく 送り向かいが出来なかったため 途中でやめざるをえなく
なってしまった・・・・

 ストリ-トダンスも初日にして 上のクラスに変更させられた娘

 娘が産まれた日から 足首と手首に 可愛らしいぬいぐるみをつけておいた私
 筋トレの一環なんて 周囲に言っていたが この効果絶大
 7歳にして 手のひらは何度もまめがつぶれ 硬くなり 筋肉隆々
 山の中は1日 8時間は歩ける驚異的な体力の持ち主

 
d0258462_733441.jpg


 今シ-ズン2回目は スキ-場が閉まる最終日とあって イベントが模様されていた

 
d0258462_761536.jpg


 
d0258462_77072.jpg


 
d0258462_775922.jpg


 
d0258462_783713.jpg


 
d0258462_791854.jpg


 ロディオマシ-ンに 一本の縄に命綱をつけて タ-ザンのように滑るのも 全て
無料のサ-ビス
 無料だから それぞれ二回ずつ 体験させていただきました
 私もやりたかったけど 同僚たちが近くで働いていたし 知り合いは大勢いて
恥ずかしくて 見るだけにしておきました・・・
 最終日は たったの10ユ-ロの1日券で グランドモンテの一番上まで上がれる
とのこと
 会社の無料券は 一番上までは上がれないし 娘のリフト券も一番上まではあがれ
ないし 天気も崩れ模様だったので諦めた私
 しかし 今年は シ-ズン終わり近くになり 何日も雪が降って 最後まで雪質が
よく 十分楽しめました

 最後は 無料で持ち帰りOKのカ-ボ-イハット 全色2つずつもらってきちゃい
ました
 フィギュアスケ-トのイベントで使えるかもしれないと思い 欲張りすぎたかな・・・

 
 
 
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-07 07:16 | Argentiere

  続編

  
d0258462_14312913.jpg


  こちらは 娘とロ-プウェイを使って登った時のもの
  さすがに この急坂を子供が登るには かなりきつすぎる・・・

  
d0258462_14335568.jpg


  晴れた日は モンブランをバックに 記念撮影するには 最高のスポット
  足元を写さなければ 見方によっては モンブランよりも大きく見える?

  
d0258462_14363676.jpg


  
d0258462_1437404.jpg


  
d0258462_14413021.jpg


  頂上までは 歩こうと言って 歩き出した娘
  しかし 下界からでも見える ル ブレヴァンへの空中散歩のようなロ-プウェイに上りたかった
娘は引き返して乗るとだだをこねた

  仕方がないから 降りる際 歩いて降りようと約束し ロ-プウェイに乗ることに・・・

  
d0258462_14451791.jpg


  
d0258462_14462264.jpg


  
d0258462_14473933.jpg


  
d0258462_14485660.jpg


  まさに 空中散歩をしている感覚
  シャモニ-内の中でも ダントツでロ-プウェイの中から下をのぞくと
 かなりスリリング感が味わえる

  
d0258462_14514057.jpg


  
d0258462_1454390.jpg
  

  ゴミ箱の上に乗って ハイ ポ-ズ  

  
d0258462_1456438.jpg


  いったい どこを見ているのやら・・・?

  
d0258462_1457889.jpg


  女の子なのに はしたなくて すみません・・・

  
d0258462_14581149.jpg


  絶好の景色を堪能できる 山頂のレストラン
  こんなところで ワイン片手にプロポ-ズされたら ロマンティック・・・・

  
d0258462_1501045.jpg


  ユ-ロも安いし 旅行会社も こんな場所で 婚活パ-ティ-企画すればよいと思うのだけど・・・

  
d0258462_1522021.jpg


  岩を見ると 所かまわず アタックする 野生のサル・・・将来はロッククライミングのチャンピオン?
  いつか 一緒にモンブランに登りたいと思う

  
d0258462_1544022.jpg
   

  
d0258462_1555570.jpg


  
d0258462_156462.jpg


  360度の大パノラマに 時間も忘れて 見惚れていた私たち
  
d0258462_1574949.jpg


  さあ たっぷり 景色も堪能したし 歩くとするか・・・
  
  
d0258462_15101911.jpg


  この後 歩いて 第一展望台近くの登山道へ
  そして バルコン ス-ドゥを歩き ラ フレジール方面へ 
  花のレストラン フロリアでティ-タイムをし シャモニ-に下りました

  その模様 また 第一展望台からロ-プウェイを使わずに登った時の模様は また後日・・・
   
   
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-06 15:13 | Le Brévent 2525m
d0258462_724069.jpg


日本のガイド付き観光の定番と言えば エギュディミディの展望台
  モンブランにより近く 高い位置にある展望台として 必ずと言っていいほど
 ツア-に組み込まれている
  しかし エギュディミディ-から見る場合 柵等に邪魔されることが多い

  エギュディミディとは シャモニ-の町を挟んで 反対側にそびえる ル ブレヴァン

  シャモニ-界隈の登山道の中では ひときわ厳しい急坂
  しかし ここからみるモンブランをはじめとした 周辺の山々の眺めは 一番といって
良いほど 最高の景色を堪能できる

  
d0258462_781226.jpg


 ブレヴァンにあがるには この街中の教会の後ろの急坂を登らなければいけない
 これだけでも 少し疲れる

  
d0258462_7101535.jpg


 ここから ロ-プウェイを乗り継いで 頂上に上がるもよし 体力に自信がある方は
歩いてもよし・・・

 もちろん 一人なら 基本は歩く私
 
 
d0258462_7124866.jpg


 
d0258462_7141050.jpg


 
d0258462_7151723.jpg


 
d0258462_7164067.jpg


 道中 思う存分 景色を堪能できる
 そして 第一乗り継ぎ地点に
 
 この続きは また今度
[PR]
by minuminukanon | 2012-06-05 07:19 | Le Brévent 2525m