英語も話せないまま 放浪の旅に出た私 いつの間にかハ-フの娘を持つ羽目に・・・


by minuminukanon

最愛の娘の死・・・・

  つい先日 日本にいる母から手紙が届きました
  日本においてきた 私の最愛の娘・・・花音が 病気で死んでしまったとのこと・・・
  最愛の娘と言っても 彼女は 猫
  でも 本当に娘のように可愛がっていて 何故おいてきたのだろうと悔やんでなりません

  
d0258462_614330.jpg


  小さいくせに 獲物を捕らえるのが 本当に上手な花音
  花音という名前は もし自分に娘が産まれたら つけたいと思っていた名前
  しかし 長年子供に恵まれなかった私は 彼女にこの名前をあげました

  花音との出会いは 久々に日本に一時帰国した際 実家の庭に出た私に 擦り寄ってきた
野良猫
  昔から 異常に 猫に好かれた私
  お互い一目ぼれで その日のうちに 花音は私の布団で眠るようになりました
  
  そして 数ヵ月後 再び旅立った私
  花音は そのまま実家に残り 母と一緒に眠るようになり その翌年妊娠
  出産日 疲れて寝てしまった母の元を離れ 外で出産した花音
  子供を里子に出されるのを警戒してか 食事が終わると 一目散に子供たちの元へ
  母が何度ついていっても 煙にまく花音

  数ヵ月後 私が帰国
  花音は ちゃんと私を覚えていて 数日後 私の目をじっと見つめました
  もしかしたらと思い ついて行くと 私が後についてくるか 何度も振り返りながら子供たちの
元へ案内してくれました
  家の使わなくなった倉庫の段ボ-ルの下に子供たちを隠した 花音
  そこには 花音に似て 金髪の子が二匹 パパに似たのだろう 黒毛が一匹
 
d0258462_6354433.jpg


  喜び 抱かかえ 家に持ち帰った私に 心配そうについてくるママ

  花音の心配どおり 子供たちを見た 母が 4匹もかえないから 誰かにあげよう の一言・・・

  冗談じゃない 親子を離すのかと抵抗した私
  最終的には 猫好きの母も根負けして 4匹が家の子に

  花音の子育ては 本当に素晴らし過ぎる

  私に子供たちを任せ 狩に出かけた花音
  捕ったねずみを殺さずに持ち帰り 子供たちを庭に呼びつけます
  自分と同じ位の大きさに驚いた二匹は 私に救いを求め 這い上がってきます
  一番上の食いしん坊のきららが ねずみに果敢にかかっていきます
  散々遊んだ後 ねずみを食べたきらら
  それを見届けた花音は また狩に・・・
  数分後 見事に二匹目をゲットしてきた花音に 今度は 次男のみゅうが挑戦
  みゅうが食べ終わると 今度は末娘 七海の分を捕まえてきた花音
  3匹が食べ終わると 今度はお乳をあげ 子供たちを寝かしつけました
  その後 自分の分を捕りに出かけた花音
  疲れきったママは 私に甘えて ベットに入ってきました
  夜中起きた子猫も ママを求めて 私のベットに・・・・

  毎日 そんなことを繰り返し ある晴れた日 子供たちを連れ 散歩に
  きちんと 道路を横切る前に一時停止を教えた花音
  おかげで よく家の前で ご近所の猫が事故死するのに 家の猫ちゃんたちは
心配が要りません

  そんな最高に素敵なママが 息子のみゅうがかかった風邪が移り 薬も飲めない
まま 食事も何日ものどを通らない状態で 息を引き取ったとのこと・・・・

  
d0258462_6375275.jpg


  娘のことも 自分の妹のように可愛がってくれた花音
  きっと どこかで見守っていてくれるのかしら・・・
d0258462_641761.jpg

[PR]
by minuminukanon | 2012-06-05 06:42 | 猫と猫娘